ヴィルモラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Le Miroir (1914)に掲載された広告
Plate 30
Album Vilmorin (1879)

ヴィルモラン(Vilmorin)はフランスの種子会社である。ほぼ2世紀にわたって、一族で経営されてきた、フランスの老舗企業である。現在はEU最大の植物育種および種子会社のリマグレイン・グループ(Groupe Limagrain)が株主となる株式会社である。

歴史[編集]

1743年にクロード・ヴィルモランと夫で、国王ルイ15世に種子を納入していた植物学者のピエール・アンドリューによってパリ1区のメジッスリー通りに種子商店が開かれたのに始まる。1774年に彼らの娘が植物愛好家のフィリップ=ヴィクトル・ルベック・ド・ヴィルモラン(Philippe-Victoire Levêque de Vilmorin:1746-1804)と結婚し、店を再興し、後に息子のフィリップ・アンドレ・ド・ヴィルモランの経営で「ヴィルモラン商会」(Vilmorin-Andrieux et Cie)となる会社を設立した。フィリップ・アンドレ・ド・ヴィルモランはヨーロッパへの樹木や珍しい花の輸入をはじめた。アメリカからユリノキや、家畜用ビートや根菜類のルタバガなどを扱かい、ヨーロッパに宣伝し広めた。

パリ郊外のヴェリエール・ル・ビュイッソンにあるかつてルイ14世の狩猟場であったヴィルモランの屋敷は、植物園、樹木園として有名になり、ヴィルモランの本社になり、経営は子孫に引き継がれた。その中の一人、ルイ・ド・ヴィルモラン(Louis de Vilmorin:1816-1860)は1856年に『テーブルビート(ルートビート)の新種作成の記録と植物の遺伝の考察』("Note on the Creation of a New Race of Beetroot and Considerations on Heredity in Plants,")を出版し、近代的な種苗産業の理論的な基礎となった。初期のヴィルモランの経営者たちは多くの植物学の記事の出版を行った。

1972年にRené Hodéeに買収され、1975年に リマグレイン・グループに売却され、1986年に名称が Vilmorin-Andrieux から Vilmorin SAに変更された。

参考文献[編集]

  • Gustave Heusé, Les Vilmorin (1746-1899) : Philippe Victoire Levêque de Vilmorin (1746-1804); Pierre Philippe André Levêque de Vilmorin (1776-1862); Pierre Louis François Levêque de Vilmorin (1816-1860); Charles Philippe Henry Levêque de Vilmorin (1843-1899), Librairie agricole de la Maison rustique, Paris, 1899, 32 p.
  • Le guide Clause-Vilmorin du jardin, Oxadis, Saint-Quentin-Fallavier, 2008 (35th edition), 719 p. ISBN 2-9512916-4-7.