ロード・レージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロード・レージ (Road Rage) は、ドライバーが車の運転中に割り込みや追い越しなどに腹を立てて、過激な報復行動を取ること。大ヒットしたスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『激突!』において、巧みに主題に取り込まれている。ニュースなどで「怒れる運転者」としてアメリカで流行となった問題でもある。日常において些細な事で最悪のトラブル(殺人)に発展するという状況を指し、倫理問題とも絡めて語られる事が多い。被害に比べて情報の量や質が悪いケースの典型例としても取り上げられる。

普段は温厚で人当たりの良い人物が、運転中に他車の割り込み、クラクションなど些細な事で人格が一変するかのように激高する心理状態も指す。

関連項目[編集]