ロシア連邦防諜庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロシア連邦防諜庁(ロシアれんぽうぼうちょうちょう、Федеральная служба контрразведки、略称:ФСКは、1993年12月から1995年6月まで存在したロシア連邦防諜、犯罪対策を行う治安機関。ロシア保安省(MB)の後継、ロシア連邦保安庁(FSB)の前身機関。

概要[編集]

1993年12月21日、大統領令により、保安省に基づき創設。保安省の人員は、そのままFSKに編入された。

1994年1月5日、FSK規程が承認された。定員は、7万5千人と定められ、保安省と比し46%減少し、中央機構の定員は、3,500人から1,500人にまで減少した。

1995年4月、ロシア連邦連邦保安庁機関法が成立し、同年6月、大統領令により連邦保安庁(FSB)に改称。FSKの人員は、そのままFSBに編入された。

組織[編集]

指導部[編集]

  • 連邦防諜庁長官
  • 第一次官/モスクワ市・モスクワ州局長
  • 次官
  • 次官
  • 次官

中央機構[編集]

  • 経済防諜局
  • 軍事防諜局
  • 防諜作戦局
  • 戦略施設防諜保障局
  • 組織監察局

歴代長官[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]