レジャーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェコ共和国でのレジャーキの位置

レジャーキ(チェコ語:Ležáky)は、チェコの村。1942年ドイツ占領下のチェコスロバキアでナチスにより全滅させられた。

レジャーキには粗末な石造りと小さなわらぶきの家に住む人々が住んでいた。そこには、水車小屋の周りに8つの家が存在し、この水車小屋は村の基礎となっており、村は小川レジャークの名前から名づけられていた。

1941年12月、何人かの空挺降下兵がボヘミア・モラヴィア保護領に降下した。一部は、ラインハルト・ハイドリヒ暗殺のため送られた(エンスラポイド作戦を参照)。残りは、シルバー作戦のため送られた。レジャーキの人々は彼らを助け、ラジオ局を隠れ家に提供した。ハイドリッヒの暗殺(1942年5月27日)の後、軍政のナチスによる報復が始まった。

6月10日リディツェの村は破壊され、そこに住んでいた男性は射殺された。6月24日、500人以上の武装したドイツ兵がレジャーキを包囲し、全ての住民を連れて行き、村に火を放った。パルドゥビツェでは、32人の村人(男女を問わず)が射殺され、地方の墓地に埋葬された。13人の子供は分離された。6月26日には、新聞発表によりこの事件が明らかになった。1943年のクリスマスまでに、レジャーキは破壊された。

子供2人が、アーリア人化の計画に選ばれた(2人とも戦後発見され、帰国した)。残りの11人はヘウムノ絶滅収容所に送られ、1942年にリディツェの子供と一緒にガス室で殺された。

リディツェと異なり、レジャーキは戦後再建されることなく、記憶の中にのみ残っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]