レジェンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レジェンズ』 (Legendz) とは、WiZ原案による、アニメ漫画小説ゲームなど様々な分野にメディアミックス展開されている作品。また、各作品に登場する伝説のモンスターの総称。

各作品は、基本設定だけは共通しているが、舞台や登場人物などは異なっている。ただしウインドラゴン(風属性のドラゴン)であるシロンは、設定などは異なるもののほぼ全作品に主役として登場する。

基本設定[編集]

かつて地球上には「レジェンズ」と呼ばれる伝説のモンスターが存在した。しかし、レジェンズたちは「レジェンズウォー」という戦争の末、「ソウルドール」という結晶体に姿を変え長い眠りについていた。そして現代、レジェンズは伝説の魔道具「タリスポッド」を使って復活(リボーン)させることが出来ることが分かった。各レジェンズはトルネード()、ヴォルケーノ()、ストーム()、アースクエイク()、スピリチャル()、ネクロム()の六つの属性を持っており、各属性のタリスポッドを扱うことが出来る(アニメ版では、4大レジェンズをリボーンできる)人間は「サーガ」と呼ばれる。

用語[編集]

レジェンズ
昔、地球に存在した伝説のモンスター。全部でトルネード(風)、ヴォルケーノ(火)、ストーム(水)、アースクエイク(土)、スピリチャル(光)、ネクロム(闇)の六つの属性が存在する。また、中には無属性というものも存在する。
ソウルドール
レジェンズが封印されている時の結晶の姿。
タリスポッド
レジェンズをソウルドールからリボーン=解放させたり、カムバック=封印させる魔道具の事。アニメ、およびゲームにおける作中世界では、とある会社が子供用のおもちゃとして販売し、パクリ商品が出るほどの大ヒットを記録している。
タリスダム
タリスポッドが進化した物[1]。3体のソウルドールが装着可能であり、リボーンさせればそのレジェンズ達はエレメンタルレギオン化する。
エレメンタルレギオン
3体のレジェンズが合体した姿。アニメでは風、火、光のエレメンタルレギオンが登場した。
レジェンズウォー
レジェンズ達がジャバウォックと戦う文明を滅ぼしかねないほどの大規模な戦争の事。
リボーン
レジェンズを召喚するときに使われる言葉。
カムバック
レジェンズを封印する(ソウルドールの姿に戻す)ときに発せられる言葉。
サーガ
各属性のタリスポッドを扱うことができる人間の事。基本的には自分のパートナーレジェンズのみしかリボーンやカムバックできない模様。
アニメではレジェンズのパートナーとなった人間を指すように使われるが、BBはサーガとは呼ばれていない。
シフトエレメント
レジェンズ達の属性に合ったフィールドを形成する共通の技。アニメ版では、シロン、グリードー、ガリオンと一部のレジェンズ達が使用している。

アニメ版[編集]

レジェンズ 甦る竜王伝説
ジャンル バトル、ギャグアニメ
アニメ
原作 渡辺けんじ
監督 大地丙太郎
シリーズディレクター 小野勝巳
シリーズ構成 長濱博史
(※ シリーズコンセプト名義)
キャラクターデザイン 小林一幸
音楽 安部純、武藤星児
アニメーション制作 ぎゃろっぷ
製作 フジテレビウィズ
放送局 フジテレビ系列
放送期間 2004年4月4日 - 2005年3月27日
話数 全50話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

レジェンズ 甦る竜王伝説』(レジェンズ よみがえるりゅうおうでんせつ)というタイトルで、2004年4月4日から2005年3月27日までフジテレビ系で毎週日曜日の9時30分 - 10時00分 (JST) に放送された。ただし、関西テレビを中心とした西日本地域はJR西日本一社提供ブロックネット番組『走れ!ガリバーくん』を放送していたため異時ネット(関西テレビでは2004年9月までは日曜日の9時00分 - 9時30分に先行放送、同年10月からは『おじょママ!P』の放送開始に伴い金曜日の16時58分 - 17時26分に枠移動し遅れネットとなる。それ以外の局=岡山放送テレビ新広島等=は各局ごとに異なる)だった。大地丙太郎監督作品。ぎゃろっぷ制作。

概要[編集]

基本は米国カートゥーンを思わせるドタバタ劇で、大地丙太郎のスピード感に富んだギャグセンスが遺憾なく発揮されている。が、物語が進むにつれレジェンズたちの戦いに巻き込まれる子供たちを中心として、その親や友人、そしてレジェンズの心理描写は極めてリアルに描かれており、キャラクターデザインとのギャップが激しい。また、BGMも軽快なジャズ音楽と、アニメでは珍しいものもある(ちなみにこのBGMは大地監督の要望で、ニューヨークのマンハッタン・クインテット・ジャズで収録したものである)。

最高視聴率は2004年12月5日放送の8.3%。平均視聴率は6.2%(いずれも関東分)。日曜9時半アニメ枠は、本作をもって一旦中止となる。その後、2006年10月に『ONE PIECE』が本枠に移転し、アニメ枠が復活した。

他の大地丙太郎監督作品との繋がり[編集]

アニメ版の設定[編集]

舞台はニューヨーク。主人公シュウが、父から貰ったおもちゃの「タリスポッド」で、本物のレジェンズ「ウインドラゴン」のシロンを甦らせてしまう。

アニメ版の登場人物[編集]

サーガとなった子供たち[編集]

シュウゾウ・マツタニ(シュウ)
- 岡村明美
本作の主人公。風のサーガ。
ブルックリン101小学校に通う11歳の少年。在米日本人。親の仕事の都合でニューヨークに住んでいる(生まれはアメリカと思われる)。
天然でお気楽でお調子者な性格。
「この世は全て風まかせ〜」などの暢気な発言や、レジェンズや人物などに対して少々失礼で変わったあだ名を付ける節と、よく変な歌を思いついては歌うなどの奇妙な行動でいつも周りをあきれさせているボケ役。
主人公とは思えない言動が目立つが、たまに良いことも言う。
また、家族を思う気持ちは強く、母ヨウコの目が届かないところへレジェンズを追いやろうとする、頑なな一面がある。
綺麗な女性が好きだが、メグには頭が上がらない。
父親から貰った白いタリスポッドでシロンをリボーンできるようになる。それをきっかけにBB、JJ達から狙われるようになった彼だが、シロンに守られることでピンチを潜りぬけてゆく。
サーガとしての力は強く、本編中でも風を無意識に操る描写が随所に見られる。
シロンの扱いが荒いが、徐々に彼とは強い絆で結ばれることになる。
レジェンズクラブの部長。
最終回でレジェンズウォーが終結してシロン達と別れた後はレジェンズに関する全ての記憶を消され、元の平穏な日常生活を送るようになる。
メグ・スプリンクル
声 - 那須めぐみ
シュウの幼なじみでクラスメートの少女。水のサーガ。
基本的に明るく朗らかで、優しく責任感のある性格。
だが、あまりに急速な状況変化には対応できず、パニックに陥ってしまうことがある。
気が強く少々短気な所もあり、特にシュウに対しては手厳しく、シュウのとぼけた言動に対して『メグチョップ』なる強烈なチョップを繰り出して突っ込みを入れるのがお約束。
幼少期は内気で友達も少なく部屋に閉じこもりがちだったが、シュウやマックとの出会いから徐々に明るい性格に変わっていった。
写真を撮るのが好きで、コンパクトカメラを首から下げて持ち歩くことが多い。
物語の中盤から本格的に戦いに巻き込まれた彼女は、レジェンズに対して強い嫌悪感を抱くようになる(ただし何度も危機を救ってくれたシロンは例外)。しかし、ビッグフット・ズオウの自分への純粋な気持ちに心を動かされ、徐々にレジェンズの存在を受け入れるようになる。
レジェンズクラブのウサギ飼育委員[2]
最終回でレジェンズウォーが終結してズオウ達と別れた後はレジェンズに関する全ての記憶を消され、元の平穏な日常生活を送るようになる。
マイク・マクフィールド(マック)
声 - 鈴木真仁
シュウとメグの幼なじみでクラスメート。土のサーガ。
体重が100kgを超える巨体の少年。おっとりした心優しい性格で、シュウには厚い信頼を置いている。
常にハンバーガーを手に持つほどハンバーガーが大好き。
美食家らしく、寿司を始めとするおいしい料理のことは何でも知っている。
嫌いな食べ物はチキン、ただしチキンバーガーは好き。
語尾に「〜なんだな」とつける口癖があるが、食べ物のことになると口調が変わることがある。
物語の中盤から敵レジェンズに目をつけられるようになる。精神的な苦痛によって窮地に立たされた彼は、自らの身体を媒体として、内に封印されていたグリフィン・ガリオンを強制的にリボーンさせられる。ガリオンをリボーンするたび力を制御できず暴走していたが、シロンとグリードーの体をはった説得によってマックとガリオンは分離、和解し、以降は自らの意思でガリオンをリボーンできるようになった。
常にのんびりしている彼だが、時々予言めいたことを話したり、敵が来たときにレジェンズと同様の感覚で危険を察知したりするなどの特殊な能力を持っていた。これは体内にガリオンが封印されていたのが原因と思われ、ガリオンと分離した後は、予言めいた言葉を口にすることはなくなった。[3]
最終回でレジェンズウォーが終結してガリオン達と別れた後はレジェンズに関する全ての記憶を消され、元の平穏な日常生活を送るようになる。
レジェンズクラブの美化委員。
ディーノ・スパークス
声 - 南央美
ブルックリン2小に通う少年。火のサーガ。
父親は大企業DMC(ダックマインドカンパニー)の社長で、自宅はメイドを大勢雇う豪邸。
秀才でスポーツ万能、自校だけでなく他校の生徒にも人気があり、普段は落ち着いた振る舞いをする。だが内心は「自分は何もできないつまらない人間だ」と自虐的であり、寂しがり屋で繊細。
他人の真似事でお金を稼ぐ父親に対する葛藤や、強い劣等感を抱いていたが、パートナーのグリードー、友人になったマックと触れ合うことで、少しずつ心を開いてゆく。
また、父親との和解と、幼い頃に出て行った母親との再会を通じて自らの心を成長させ、終盤では頼もしい面を見せるようになる。
シュウ達とBB&JJのいざこざに巻き込まれたことをきっかけとし、ブレイズドラゴン(グリードー)をリボーンできる能力を手に入れる。
序盤ではグリードーをリボーンするたびに力を吸い取られ、体力を激しく消耗する。中盤以降はサーガとしての力が強くなったのか、消耗の度合いが減るようになる。
4人のサーガの中で唯一、通常の形態のタリスポッドを持っていない。グリードーも通常のソウルドール姿にはならないため、グリードーをリボーンする時には、ディーノが胸に差している赤いバラの花が火のタリスポッドへ変化するという、特殊な経過をたどる。
シュウに「キザ山キザ夫」とあだ名をつけられ、そう呼ばれるたびに「ディーノだ」と訂正する[4]
最終回でレジェンズウォーが終結してグリードー達と別れた後はレジェンズに関する全ての記憶を消された。
レジェンズクラブの風紀委員。
サルバ
声 - 清水香里
過去のレジェンズウォーにおいて、グリードーのパートナーを務めた火のサーガ。淡い青い髪をした少年。
キルビートによって殺害され、グリードーの心に深い傷を残す。

その他の人物[編集]

ハルカ・ヘップバーン
声 - 渕崎ゆり子
レジェンズに強い憧れを抱く女性。年齢は25歳。UCLA出身。愛車はハーレーダビッドソンのバイク。自他共に認めるグラマーな美人(母親譲り)。
熱烈なレジェンズの追っかけ
シュウがレジェンズの力と関わりがあると睨み、アルバイトとしてシュウのクラスの担任教師になった。
ねずみ、特に白いねずみが大の苦手で、ねずっちょ姿のシロンを見ると恐怖で部屋中を走り回る。
序盤ではレジェンズの体の一部(羽など)を収集して狂喜したり、授業を放棄して職員室のパソコンでレジェンズの情報収集に勤しむなど、周囲を省みない言動が多い。
エレメンタルレギオンの出来事をきっかけに、レジェンズの本来の恐ろしさと、子供たちが関わっている事実を知ることになり、子供たちを守ると決意し、シロンにも「もう子供たちを巻き込まない」と約束させる。だが、そのシロンが再びシュウといる所を目撃してしまい、裏切られたと思い込んで以降はレジェンズを敵視するようになる。
後半からは子供たちとレジェンズを引き離すべく、DWCに身を寄せランシーンと手を組んで、シロン達を倒そうと暗躍していた。しかし、父ユルと再会し、母ラドさえも犠牲にしてまでレジェンズを根絶やしにしようとする父の狂気にショックを受け、苦悩ののちに考えを改める。
普段は白いライダースーツの美女の姿にメガネをかけた地味な教師姿へと使い分けているが、シロンとのデート時に堂々と高校時代の制服を着たり、後半からは長いマントの下に大胆な黒のボンデージ風衣装を身に付けるなど、服装の移り変わりが激しい。
BB
声 - 天野由梨
DWC(ダークウィズカンパニー)の社員。地位は部長。スーツからほぼ胸がさらけ出された大胆な格好。
シュウの白いタリスポットを奪い取る任務を社長から受け、紫色のタリスポットを使ってDWC保有のソウルドールからレジェンズをリボーンしては、シュウ達の元へ差し向けていた。
中盤以降、DWCの仕事に疑問を感じ退社、後にDDC(ダックダックトイズ)に入社。43話からはJJと共に、黒水晶レジェンズをカムバックするなど、大きい活躍を見せる。
JJの上司であるが、あまり責任感がない。シュウに「おばっちょ」と言われると怒る(それが原因で化粧がはげる事がある)。
DWCに入社する前は騎馬警官だった。
46話で本名はバニー・ブルックマイヤーだと言う事が判明した。
J1 & J2(二人でJJ)
声 - 竹本英史&前田剛
BBの補佐役。J1は背が高く、J2は背が低くて太め。常にサングラスをしていて、作中で裸眼を見せることは一度もない。
初めはBBに呆れ「ダメ上司」「ヘッポコ上司」などと言っていたが、中盤からのある出来事から、BBの想いに共感し、次第に尊敬の念を見せ始める。
46話で二人とも本名はジャック・ジョンソンと言う事が判明した。
DWCに入社する以前は建設作業員だった。
サスケ・マツタニ
声 - 澤田博幸
シュウの父親。DWCの商品開発部に勤める。シュウと似た髪形をしている。
寿司が大好き。
番組中盤ではシュウがシロンをリボーンできることを知ったが、妻のヨウコには黙っておいた。
商品開発に夢中になっている時は子供のように無邪気な姿も見せるものの、いざというときは頼りになり、家族を第一に思っている。
ディーノの父(ブルーノ)と協力してタリスダムを造る。
ヨウコ・マツタニ
声 - 天野由梨
シュウの母親。優しくおっとりした性格。
料理が上手で、毎日夜には次の日の夕食を考えている(あまりに真剣に考えるため、シュウやサスケには悩み事があるように見える)。
穏やな日々を過ごしていたが、後半にてレジェンズとの争いに巻き込まれ、シュウを庇って黒水晶に取り込まれてしまう。
初めてのサスケとのデートは日本の花火大会だった。
ブルーノ・スパークス
声 - 石井康嗣
ディーノの父。DWC(ダークウィズカンパニー)をまねてDMC(ダックマインドカンパニー)という会社を作り、他の売れている玩具をまねた商品を作って儲けていた。
中盤から息子のディーノと対立そして和解することで自分の間違いに気付き、DMCを売って、新会社ダックタックトイズを設立する。ダックタックトイズには、DWCを退社した後のBBとJJが入社することになる。
その後は、シュウの父(サスケ)と協力しタリスダムを造ったり、「自分たち(親)だけにしかできないことをやろう」とサーガである子供たちの親たちに呼びかけた。
メリッサ・スパークス
声 - 安原麗子
ディーノの母。結婚前はパン屋の娘。
ディーノが幼少期の際、多忙な毎日を送って自分達を構わなくなった夫(ブルーノ)への寂しさを抑えきれずに、ディーノを置いて家を出て行ってしまった。
物語の中盤で家に戻ってくるが、美しく痩せていた名残はどこにもなく、かなり大きく太った体になっていた。
後半ではブルーノとメリッサの夫婦仲を確認させる描写が多数見られる。
得意なことは料理。好きな花はバラ
ユル・ヘップバーン
声 - 江原正士
DWC(ダークウィズカンパニー)のCEO。ハルカの父ですべての事件の首謀者。娘のハルカを溺愛している。
考古学者で、レジェンズのことについて研究していたが、ランシーンを復活させた際、ランシーンの危険思想に直接触れることによって、レジェンズの危険性を感じるようになり、娘を守りたいという思いが高じるあまりにレジェンズを根絶やしにしてしまおうと考えた彼は、闇のレジェンズ、ジャバウォックを呼び覚まそうとした。
ジャバウォックの影響からか、彼の思想は自己中心かつ危険極まりない物へと変化していく。自分の妻をジャバウォックの心臓に取り込ませ、黒水晶レジェンズを世界に放ち、人々に恐怖の念を抱かせた[5]
闇のサーガとなった彼は、自分の邪魔をする者は守るべきはずの娘ハルカでも容赦しないようになる。滅びの道を歩んでいた彼だが、最終的には自分の間違いに気づき、妻と娘を犠牲にしようとした事を激しく悔やみジャバウォックをカムバックしようとする。結果的に彼はジャバウォックの力を弱めることに貢献し、ジャバウォックの体内から娘と妻を救出してくれたシュウとシロンに感謝の意を示した。
ラド・ヘップバーン
声 - 岩男潤子
ハルカの母。若々しいルックスの美人。
レジェンズ好きな娘の為にレジェンズの形をしたケーキを作ったりレジェンズのアップリケを縫ったり寝る前にレジェンズの話を聞かせるなど優しい女性。
偶然本物のレジェンズ(ランシーン)を見て恐怖心を抱き、それに目をつけたジャバウォックを復活させようとする夫により娘を守るという事を口実にジャバウォックのソウルドールを寄生させられてその身を投じ、恐怖の心と体の養分をジャバウォックの復活の為の糧にされていた。ジャバウォックの体内(心臓)に取り込まれ、命も飲み込まれつつあったが、ハルカ、ランシーン、シロン、シュウの奮闘により救い出される。
エド
声 - 内藤玲
火のサーガと呼ばれていたDWCの社員。
ディーノが火のサーガであることが発覚するとDWCをクビになってしまい、以後ファイヤードジャイアントとともに旅に出る。
後半で再登場し、ダンディ達の危機を救ったあとファイヤードジャイアントとの絆を見せる。また、レジェンズ達が野生化した時にはファイヤードジャイアントを怒鳴りつけ、彼を救った。
少々気の弱い性格。DWC社製のタリスポッドを持つが、BBのようにどんなレジェンズでもリボーン・カムバックができるのかは不明。
社長
声 - 松山鷹志
DWCの社長。
DWCを実質的に支配しているランシーンの御用聞きのような役目を果たしていたが、後半ではそんな自分に疑問を感じ、突如姿をくらましてしまう。その後はDWCを辞め、バカンスに出て自由な時間を過ごしていた。
総務
声 - 沢城みゆき
DWCの管理部門OLでBBとJJをバックアップするためになら、どこにでも一瞬で姿を現す従順な部下。本名はとても長いらしく、周囲からは総務さんと呼ばれている。
番組後半の予告は英語A太とシロンに代わり全て彼女が受け持つ。[6]
長らく登場しなかったが、終盤でDWCに潜入したBB達を救った後でどこかへ去って行った。
パーキンス博士
声 - 松山鷹志
3話・12話・21話・41話・42話に登場。DWCのソフト開発部。何を言っているのかわからない時が多い。
BBやJJがDWCにいた時はファインディング○○と言う探索ソフトを使って探し物を手伝っていた(だがカニやタコは全国の物が出てしまうため、彼のソフトはあまり役に立たなかった)。
41話で再登場し、ユルに子供達からタリスポットを探すように命令されるが、怯えるメグたちを見たとたんに異常な状況を察知し、命令を拒否をした為ランシーンと共に幽閉されてしまう。
名人
3話・5話・12話に登場。状況によって、カニ取り名人やトリ取り名人やタコ取り名人になる。名前がちょくちょく変わるので、本来の名前は不明。
「生け捕りにしろ」と命令されているにも関わらず毎回のように獲って食おうとする。
メグの父と母
メグが幼少期のときは、外で遊ぼうとせず、家の中にこもっていたメグを心配していたが、シュウとの出会いによって変わっていくメグを見守る。
その後、農業をするために、遠くの町へ引っ越そうとしたが、メグがこのとき初めて自分の意見を言ったため、引っ越しをやめる。しかし、メグのセリフから普段は遠くで暮らしているらしい。
マックの父と母
普段父はグランドキャニオンの近くの小屋で陶芸家として生活していて、マックやマックの母とは別居している(ただし夫婦仲が悪いわけではない)。
二人ともマックとおなじく「 - なんだな」というのが特徴。
英語A太
声 - 沢城みゆき
時々ピンポン音と同時に現れ、無意味に英訳をしていく。ナレーター兼翻訳係。
ねずっちょのネズミ語まで英訳する(結果的には日本語字幕も表示されるので翻訳していると言える)。後半では英語のほか日本語も話すようになる(スペイン語も話した事がある)。
詳しくは大地丙太郎監督作品との繋がりの項を参照。
ニューヨーク内で日本語が話されているという矛盾を、この人物1人の存在でカバーしている。
番組前半は、シロンと共に彼が次回予告を担当していた。
リキリキリッキーズのメンバー
シュウが所属している野球メンバー。シュウのせいで負けても責めたりせずにシュウがいると楽しいと言ったり、ズオウをレジェンズと知りつつ快くメンバーにむかえるなど皆優しい。しかし、後半にて彼らの親が恐怖の念に取り付かれてしまい途方に暮れる。

ストーリー上重要な役割を果たすレジェンズ[編集]

シロン
声 - 井上和彦
レジェンズの中でも四大レジェンズといわれるウインドラゴン。風の属性。白いドラゴンで金髪のザンバラ髪をしている。常に飛行帽と青い宝石のような物がついた手袋をつけている。
性格は勇猛果敢ではあるが、少し口は悪く凶暴。
初めはシュウの風のサーガとは思えない性格にあきれていたが、それでも彼は風のサーガを本能からか必死に護り、徐々にその気持ちはシュウを大切に想う気持ちへと変化していく。
普段カムバックしている時は白いねずみのような姿になり「ガガー」としか喋らない。シュウからはリボーンする時以外はでかっちょ[7]と呼ばれている。
最初のエレメンタルレギオン暴走の出来事から、子供達を戦いに巻き込んでいることに負い目を感じはじめた彼は、レジェンズに危険性を感じ始めて子供達を護ろうとするハルカに「もう子供たちを巻き込まないでほしい」と言われ、一時は彼女と約束を交わしてタリスポッドを持ち去り、子供達から離れようとする。しかし、サーガの力なしで弱りきってしまった彼は、シュウの力が自分に必要だと改めて自覚し、シュウの傍に戻ることにした。しかし、その事でハルカの怒りを買い、彼女に排他的な考えをもたらせてしまう。
ガリオン、ズオウと合体すると風のエレメンタルレギオンになる。最初はその力をコントロールできなかったがタリスダムが完成してからは克服する。
自分のウインドラゴンとしての存在意義に疑問を持っていたが、元々ランシーンと一つだった彼はユル・ヘップバーンにより呼び覚まされる際に、レジェンズウォーを起こさないよう分離させられていたということが判明。ランシーンと一つになることでカネルドウインドラゴンとなり、本来の力を発揮する。ウインドラゴンが持つ役割り(レジェンズウォーを起こしてしまう要因)を果たさないようにしようと、子供達を護るために決意する。
だが後半のある出来事によって、極限状態に陥った彼は暴走し、その結果、自ら人類を滅ぼす為の引き金を引くことになるが、シュウの尽力によって正気に戻される。
前半のOPではテレビ本編には出ていないバーサクモードが一瞬登場している。
レジェンズクラブの副部長。
コマンドウィンドラゴン
シロンがコマンド化した姿。翼が4枚に増え、体は黄金の鎧で覆われている。飛行帽はゴーグルだけになる。必殺技は2つの竜巻を起こす「ダブルウィングトルネード」、腕から竜巻を放つ「コマンドトルネード」など。
ランシーン
声 - 井上和彦[8]
シロンと酷似しているが、体は黒色で金髪を束ねている謎のウインドラゴン。風の属性。手にはめた手袋にはシロンと対照的に赤い宝石のようなものがついている。
シロンとは対照的に冷静で、慇懃無礼な態度である。通常は一人称が「私」だが、まれに「俺」になる。
DWCの実質的な支配者であり、シュウのタリスポッドを狙ってBB達に命じて何度もシュウ達にレジェンズをけしかけさせる。
実はシロンと一つの存在なのだが、レジェンズウォーを起こさせない為に分離されていた。シロンとは違い、彼はウインドラゴンとしての記憶をある程度保持しており、自らの記憶の中にある、ウインドラゴンの本来の役目(レジェンズウォーを引き起こすこと)を目的として活動していたが、記憶が中途半端だった為か、彼は「レジェンズウォー = 人類抹殺」と思い込んでおり、レジェンズウォーの本来の意味を間違えて解釈していたため、自身の半身であるはずのシロンと敵対、ユル・ヘップバーンの暗躍に気づくことが出来なかった。
中盤でシロンと戦うが、シュウの力によって強化されたシロンに返り討ちにされる。その際、外気に翼が触れた瞬間、彼の羽は白く色褪せた。この頃から、彼は未来を予知することが出来なくなる。自分のウィンドラゴンとしての存在に疑問を感じ始めた彼は、シロンを更に敵対視するようになる。
後に同じようにシロンを敵視し始めたハルカ・ヘップバーンと手を組むが、後半でユルに裏切られ幽閉されてしまう。その後、カネルドウインドラゴンのことを解読したハルカから全ての真相を聞き、自分の存在している意味を知った彼は拘束から解き放たれ、シュウの家にてシロンと合体した彼は、カネルドウインドラゴンとして生まれ変わった。ラストで再びシロンと分裂し、その際にハルカやラドの代わりにジャバウォックの心臓を自ら取り込んだ彼は、ジャバウォックごと宇宙空間に消え去ってゆくのだが…。
シュウ曰く「ワルっちょ」、シロンには「ワル山ワル夫」などと呼ばれていた。
最後の最後でシュウにレジェンズクラブの扇風機委員に任命された。
カネルドウインドラゴン
声 - 井上和彦
シロンとランシーンがシュウの力によって合体して誕生したウインドラゴン本来の姿。登場した最初は、ランシーンのように冷酷な態度でシロン本人の人格が全く無かった。翼は6枚になり威厳ある姿をしている。
シロン本人が果たしたく無かったレジェンズウォーの引き金を引きかけ、自らもレジェンズウォーに身を投じようとしたがシュウの活躍により阻止され、人格もシロンに戻った。
グリードー
声 - 山口祥行
レジェンズの中でも四大レジェンズといわれるブレイズドラゴン。シロンのライバル的存在。火の属性。赤いドラゴンで翼は炎になっており、ジャケットを羽織っている。
初登場時はファイアージャイアントが起こした火の中から姿を現し、ディーノと出会う。中盤でグリフィンと再会した際、完全に覚醒した。
普段は無口で冷静な彼だが、たまに熱くなる一面もある。また、どういうわけかバラに詳しく、カムバック時はバラの姿となっている。
ウォルフィー、リーオンとは種族を超えて固い絆で結ばれており、「G・W・ニコル」なるチームを結成している(リーオンはチーム名に疑問を感じている、ちなみにこれはC・W・ニコルのパロディ)。リーオンから「グリたん」と呼ばれている。
先代のサーガ、サルバを死なせてしまったことにトラウマを抱えていたが、ディーノの活躍によって、それを克服することに成功する。その為かケンカばかりのシロンとシュウのコンビとは逆に、サーガであるディーノとの仲が良い。
ウォルフィ、リーオンと合体することで火のエレメンタルレギオンになる。
レジェンズクラブの会計委員。
コマンドブレイズドラゴン
グリードーがキルビートとの戦闘中に進化した姿。ジャケットの下に鎧のような物を纏っており、翼にも縁取りがされている。
ガリオン
声 - 土井美加
レジェンズの中でも四大レジェンズといわれるグリフィンで、四大レジェンズの紅一点。土の属性。
古風で生真面目な性格で、みんなの姐さん的存在でもあり、ウォルフィやリーオンは実際にそう呼んでいるが、ガリオン本人はこれを嫌っている。レジェンズ本来のあり方を語ったりするなど固いところもあり、故に話を聞かないシュウやシロンに苛立つ事もある。だが自身のサーガである心優しく健全な精神を持つマックの事は気に入っており仲は良く、彼に母親のように接していた。やや潔癖症でまだマックがサーガとして目覚めていない時期には闇のレジェンズに囲まれ錯乱する事もあった。
コニーアイランド特製スペシャルガーリックハンバーガーが過去の記憶を思い出すキッカケになった。
エレメントチェンジすることで別の属性および姿になることができる。
シロン、ズオウと合体すると風のエレメンタルレギオンになる。
レジェンズクラブの給食委員。
ズオウ
声 - 齋藤彩夏
レジェンズの中でも四大レジェンズといわれるビッグフット。水の属性。雪男のような姿をしている。
幼い子供のような性格で何事でも片言で話す。性格も子供っぽく一途だが、戦闘時はヴァイキングのような姿になり、並のレジェンズを物ともしない実力を発揮する。
初めてメグと出合ったときは、悪い偶然が重なっていたとはいえレジェンズに恐怖を抱き始めた彼女に拒絶されていたが、共に踊ることで打ち解けた。
シロン、ガリオンと合体すると風のエレメンタルレギオンになる。
シュウ達の野球チーム、リキリキリッキーズのメンバーになったこともある。
レジェンズクラブの保健委員。
ウォルフィー
声 - 中野裕斗
土のレジェンズのウェアウルフ。「G・W・ニコル」の一員。リーオンからは「うーたん」と呼ばれている。
普段はクールに振舞うが、仲間達と共にボケたり突っ込みを入れたり、面倒見のいい一面もある。リーオンとのコンビはいろんな意味で最強。
最初はBBによって、リーオンと共にグリードーの前にリボーンされたが、その後はリーオンと共に、住む場所を探してディーノの家に身を寄せるようになる。
レジェンズウォーの風によって、野生化し暴れてしまうが、ジャバウォックが滅んだことで元に戻った。
戦うときは常に短剣を使い、素早い動きで攻撃する。また、大地に呼びかけて衝撃波などで攻撃する事も可能。
グリードーとリーオンと合体することで、火のエレメンタルレギオンとなる。
レジェンズクラブの体育委員だが、シュウからはよく図書委員(時には狼中年)と呼ばれている。
リーオン
声 - 前田剛
風のレジェンズ、マンティコア。「G・W・ニコル」の一員。ライオンに翼が生えたような容姿をしている。
目つきが悪い(グリードーやウォルフィには「顔が怖い」と言われる)が、仲間であるグリードーとウォルフィーに[〜たん]とあだ名をつけたり、ボケたりするなど中々のお茶目な性格である。
ウォルフィと共に、住む場所を探してディーノの家にやって来て、グリードー・ウォルフィーと共に彼の家に住むこととなった。
レジェンズウォーの風によって、野生化し暴れてしまうが、ジャバウォックが滅んだことで元に戻った。
グリードーとウォルフィーと合体することで、火のエレメンタルレギオンとなる。
レジェンズクラブの図書委員だが、シュウはウォルフィーを図書委員と呼ぶ為「だから図書委員はオレだって」と突っ込みを入れる。
ジャバウォック
声 - 松山鷹志
闇の属性のレジェンズ。人間の心にある恐怖や憎悪などの感情を糧にして成長する。
ユル・ヘップバーンの手により彼の妻であるラド・ヘップバーンの体と恐怖を糧にして甦った。レジェンズウォーで戦い続け、たくさんの生物を苦しめる。
ダンディ
声 - 石井康嗣
4話に登場。19話以降は度々登場する。水の属性。種族はデヴォアクロコダイル。
DWCから交渉人として白いタリスポッドを手に入れにやって来た。しかしシロンの強さを知っているようで、戦いになることは避けたがっていた。雇われの身の柵でシロンと戦うことになってしまうが、一戦の後、(ドラマの影響を受けた)シロンに諭された。
DWCに辞表を出し退社した後は、道路工事の仕事始め、そこでなんと石油を掘り当てる。その後は「ワニの穴」というバーを開く。
レジェンズウォーの風が来たときは、自らの自我と引き換えにアンナを守った。
体が乾くとかゆくなる。小難しい契約書は理解できない。
自分のことをワニと思っていない様子で、ワニと言われることを非常に嫌がっており、ワニと言った相手には恐ろしい顔で「ワニいう奴がワニじゃあああ!!」と怒鳴りながら迫る。
アンナ
声 - 千葉千恵巳
5話に登場。36話以降は度々登場する。風の属性。種族はハーピー。BBとは犬猿の仲。鳥っぽさは残るものの少女のような姿に変身することができる。
BBに半ば脅されてタリスポッドを奪う作戦を立て、シュウ達のクラスに転校生としてやってきてシュウに近づき魅了しようとするが、徐々に彼の純粋さに惹かれる様になる。シュウとはほぼ相思相愛の関係でカップルのように振舞う事もあり、その度にメグから激しく嫉妬されている。
料理は得意と本人は言っているが、ゆで卵と目玉焼きしか作れない。
彼女の目からはねずっちょが”食べごろ”に見えるらしい。
レジェンズウォーの風が来た時はダンディに守られてその影響を受けずに済み、彼からシュウの家に行くよう言われ、そしてシュウに頼まれて、ヨウコの身体をずっと見ていた。
ファイアジャイアント
声 - 松本吉朗
7話・8話に登場。35話以降は度々登場する。
別名:ファイヤードジャイアント。エドの相棒。火の属性。エドとともにDWCを解雇され、以後2人で旅に出る。
実力は高いらしく、苦手とする水属性のレジェンズを複数相手にできる程。
レジェンズウォーの際に理性を失ってしまうものの、エドの「そんなお前なんかファイヤード(クビに)しちゃうぞ!」という一言で理性を取り戻す。その後、エドと活躍する。
サラマンダー
声 - 竹本英史
主に番組後半に度々登場。火の属性。ダンディの後輩的存在。
4話でダンディの口から名前が出て、20話で本人が登場するも、あっさりシロンに敗れ、その後はバー「ワニの穴」の店員となる。

そのほかのレジェンズ[編集]

ゴブリン
1話・6話・44話に登場。土の属性。BBにリボーンさせられる。ゴブリンが合体するとビッグゴブリンになれる。シュウのタリスポッドを奪う任務に失敗した後は、DWCの内勤に回されてしまう(本人曰く、外でバリバリやる方が性に合っている、とのこと)。BBに再度、任務を全うするチャンスを与えられるが、またしても失敗。
ストームワーム
2話・ドラマCDに登場。水の属性。BBにリボーンさせられる。口から汚水を吐き出す攻撃をしかけてくる。はじめてシフトエレメントを披露したレジェンズでもある。シロンに吹き飛ばされ敗れたため、行方不明につき回収不能になった。その後、ドラマCDにて再登場するも、シロンとヘルハウンドの必殺技を喰らい、どこかへ飛んでいった。
ジャイアントクラブ
3話・36話以降度々登場している。水の属性。BBにリボーンさせられる。大きくて強くて早いがカニである。また、カニであるためか意思の疎通は困難ではあるが、何故か「この、カニ味噌があああ!!」などという罵倒は理解することができている。口から吐く泡には物を溶かす力がある。また、カニではあるが、前方にも走ることができる。海に帰りたいという強い思いを持っており、バトルでシロンに海に吹き飛ばされた後、そのまま海に帰っていってしまった。その後、36話でワニの穴で再登場し、ダンディ達を助ける。だがレジェンズウォーが始まったことで野生化して暴れてしまう。
コンラッド博士(ケットシー)
声 - 小林晃子
9話・44話・46話に登場。土の属性。BBにリボーンさせられ、レジェンズ研究家を偽ってハルカとシュウを誘い出すものの、正体がバレて肉体労働が苦手なものの、シロンと戦うが結局敗北。その後、44話で再登場し木陰で居眠りをしていたためレジェンズウォーの風を逃れたらしい。46話で、ハルカやBB達の前に現れ、サスケとブルーノと協力してジャバウォックを封印させる方法を考え出す。
ラッパーキング(メイズオクトパス)
声 - 松山鷹志
11話・12話・36話以降度々登場している。水の属性。サングラスをかけ、いつも歌っている。「究極のレジェンズ」と言われBB達が受け取ったのだが、実際はリボーンとカムバックのスピードが究極に遅いレジェンズだった。ゆっくりリボーンしている間に下水道に落ち、下水道に詰まってしまった。その後、何とか下水道から脱出し、BBの命令でシロンと戦うが敗北。その後、36話でワニの穴で再登場し、ダンディ達を助ける。だがレジェンズウォーが始まったことで野生化してしまうが50話でジャバウォックが滅んだことで元に戻った
キマイラ
17話に登場。火の属性。4つの生き物が一つとなっており、分裂も出来る。BBの手でリボーンさせられシロンと戦うが負け、カムバックされた。その後、別のキマイラだと思われるが、46話で再登場した。
スケルトン
声 - 三ツ矢雄二
17話・18話・19話・22話・24話・44話・46話・48話に登場。闇の属性。ランシーンにリボーンさせられ、ゾンビやガーゴイルなどを操り、シロン達と戦った。24話で赤のエレメンタルレギオンに攻撃され、行方不明だったが44話で再登場し、マンホールに落ちていた為、レジェンズウォーの風を逃れたらしい。46話で、BB達の前に現れるがメリッサにエプロンを着させられ、最終的に仲間となる。
ゾンビ
18話に登場。闇の属性。複数存在する。スケルトンにリボーンされ、シロン達と戦うが、青のエレメンタルレギオンによって全滅した。
クラーケン
21話に登場。水のレジェンズ。BBによってリボーンさせられ、シロンを追い詰めるも、負けた。
ガーゴイル
声 - 津田健次郎
22話・24話に登場。闇の属性。スケルトンにリボーンさせられ、シロンとグリードーと戦う。24話でスケルトンと共にグリードー達の元へ来るが、赤のエレメンタルレギオンの攻撃で負ける。その後、スケルトンが再登場した時に彼がいなかったため、おそらくカムバックされたと思われる。
キルビート(バイコーン)
声 - 三石琴乃
25話・26話・29話・30話に登場。闇の属性。かつてのグリードーのサーガ、サルバを殺した張本人であり、グリードーの宿敵である。相手を小馬鹿にするようなギャルっぽい口調で話す。30話でハルカの命令によりグリードーと戦い追い詰めるが、コマンドブレイズドラゴンとなったグリードーに破れ、ソウルドールもろとも破壊される。ガリオンの言葉によれば闇属性のレジェンズはソウルドールを破壊しても復活できるようだが、キルビートが復活したかは不明。
エクトール・フォン・ギュンター(ヴァンパイア)
声 - 佐々木望
27話・33話に登場。闇の属性。27話ではゴーレムを使って町を襲撃した。33話ではシロンを倒そうとするハルカにリボーンされシュウ達の前に立ちはだかるがガリオンに倒される。33話では「エクトール・フォン・ギュンター」と言う名前ではなく、ヴァンパイアと名乗っていた。普段は人間の青年の姿をしているが、本来はガーゴイルにも似た怪物の姿である。
ヘルハウンズ(ヘルハウンド)
28話に登場。火の属性。5匹存在し、それぞれ色が違う。メグとズオウの前に立ちふさがるがズオウに敗北する。
マミューム(ジン)
声 - 大津尋葵
31話に登場。風の属性。シロンの帽子に秘密があると思ったハルカの命令でシロンの帽子をクラウドジャイアントを使って奪おうとしたが負ける。その後の行方は不明だが47話で彼らしき人物が一瞬見られる。
イエティ
32話に登場。水の属性。ズオウを倒そうとするハルカの命令で、野球をしていたズオウ達の前の現れた。ズオウと戦うも、パワーアップしたズオウに敗れる。
ベヒーモス
34話に登場。土の属性。他の2体のレジェンズと共にニューヨークの町に現れた。シロン達と戦うが、エレメンタルレギオンによって倒される。
ビッグフット リンダ
声 - 山本リンダ
レジェンズを救う旅をしている途中、雪山で行き倒れになったエドとファイヤードジャイアントを助ける。ビッグフットの村に住んでおり、村長ビッグフットの娘である。エドに一目ぼれし、結婚しようとしていたが、エドはまだ旅の途中だったため、その思いは遂げられなかった。エドにお礼を言われた後、「あったり前のことをしただけよ」と歌った。
カーバンクル
声 - 佐藤なる美
47話から49話に登場。光の属性。カネルドウィンドラゴンとなったシロンに助言を与える。
パン
声 - 名塚佳織
光の属性のレジェンズ。 
エルフ
光の属性。光レジェンズとしてはシュウの前に初めて現れた。
シルフ
声 - 前田剛
47話から50話に登場。光の属性のレジェンズ達のリーダーと思われるが、話している最中によく邪魔が入る。最終話でシロンからとある願いを言われ……。
メアリー(ヘルハウンド)
ドラマCDに登場。子牛並みに大きい地獄番犬の姿をした火の属性のレジェンズ。5匹の子ヘルハウンドの父親でもある。道で弱っていたところメグが拾ってきた。(実はDWCの作戦)自分に尽くしてくれるメグに好意をよせてしまうが、BB達に、子供を人質(?)に取られているため、「メグを守ること」「子供を守ること」との間の板ばさみになる。
ちなみに、メアリーという名前は、メグの命名で、メグの「メ」を取って名づけたとのこと。
ウンディーネ
声 - ?
特別上映・甦る龍Q伝説に登場。川の上流に住む水の属性のレジェンズ。ズオウと共に異常気象による川の増水に対処しようとする。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「風のレジェンズ」(第1話 - 第49話)
作詞 - 大地丙太郎 / 作曲・編曲 - 太田美知彦 / 歌 - KYOKO
  • 第50話はオープニングなし。
  • 第25話まではアバンタイトルの後オープニングだったが、第26話以降アバンタイトルは無くなり「これは現在のニューヨークに突然現れた、レジェンズというモンスターと4人の子供たちの物語」という前置きの直後にオープニングが流れるようになった。また、オープニングのアニメーションも変わった。
エンディングテーマ
どうにもとまらない〜ノンストップ〜
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 都倉俊一 / 編曲 - 武藤星児 / 歌 - Brenda Vaughn(第1話 - 第37話)、山本リンダ(第38話 - 第49話)
「空色の指先」(第50話)
作詞・歌 - 国分友里恵 / 作曲・編曲 - 岩本正樹
  • 第15話・第28話では挿入歌として使用されている。
  • またほとんどの回ではこの曲のピアノアレンジが流れている。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 オイラが風を呼んでいた
〜CALLING IN THE WIND〜
山田隆司 大地丙太郎 小野勝巳 Lee Jong Kyoung 2004年
4月4日
2 頭の中はカラッ風
〜A DRAFT THROUGH MY HEAD〜
渡辺けんじ Shin Ki Cheul 4月11日
3 カニに襲われアワくった
〜ATTACK OF THE KILLER CRAB〜
伊丹あき 桜ノ辻のぞみ Lee Jong Kyoung 4月18日
4 ワニがワニしてワニとやら
〜CROCODILE,WAIT A WHILE〜〜
池田眞美子 高林久弥 Kang Sung Ho 4月25日
5 鳥が恋してズッキュンバッキュン!
〜A BIRD'S LOVE POTION〜
江夏由結 菱川直樹 Shin Ki Cheul 5月2日
6 忍び込んだらどこまでも
〜ENTER THE GOBLIN〜
桑畑絹子 渡辺けんじ Lee Jong Kyoung 5月9日
7 まいべびべびばらばら
〜THE NAME OF MY ROSE〜
伊丹あき 細谷秋夫 Bang Seung Jin 5月16日
8 熱いの熱いの熱いのよ
〜SOME LIKE IT FIERY〜
山田由香 佐藤雄三 Shin Ki Cheul
Kang Sung Ho
5月23日
9 ネコたらしいヤツ、ムカつくニャン
〜CATTY PROFESSOR〜
桑畑絹子 奈須川充 Kim Jong Kun 5月30日
10 話せば長~い物語
〜LONG LONG TIME COMING〜
山田由香 高林久弥 Shin Ki Cheul 6月6日
11 寿司くって究極ってイエイイエイ!
〜AND THERE WERE NO MORE SUSHI!〜
江夏由結 大地丙太郎 Lee Jong Kyoung 6月13日
12 タコタコハマってさぁ大変
〜OCTOPUS STRIKES BACK〜
伊丹あき 渡辺けんじ Bang Seung Jin 6月20日
13 地球の悲鳴が聞こえてた
〜THE GLOBE'S UNEARTHLY SHRIEKS〜
桑畑絹子 小野勝巳 Lee Ju Hyun 6月27日
14 何でどうしてどうなるの!?
〜STRANGERS IN THE SIGHT〜
山田由香 宮下新平 小野勝巳 Shin Ki Cheul 7月4日
15 答えは風が知っていた
〜WHEN THE WIND BLOWS...〜
小野勝巳 Lee Jong Kyoung 7月11日
16 なんたることか父主役…?!
〜EVERYTHING YOU WANTED TO KNOW ABOUT DAD YOU NEVER ASK〜
伊丹あき 宮下新平 小野勝巳 Bang Seung Jin 7月18日
17 調子の歯車ガッタガタ
〜LOVE ME OR BELIEVE ME〜
江夏由結 桜井弘明 Shin Ki Cheul
Lee Ju Hyun
8月1日
18 ゾンビわんさかベタつき模様
〜WHO'S AFRAID OF SLIMY SPECTER?〜
桑畑絹子 宮下新平 Lee Jong Kyoung 8月8日
19 夜をこえたら朝だった
〜THE SUN ALSO RISES,AFTER ALL〜
山田由香 小野勝巳 Bang Seung Jin 8月15日
20 最初で、最後の、デートです
〜TAKE ME OUT TO THE SKY〜
伊丹あき 渡辺けんじ 小野勝巳 Shin Ki Cheul 8月22日
21 ねずっちょ、ちゅびるば橋のはし
〜OF MICE AND BRIDGE,OVER TROUBLED WATER〜
江夏由結 宮下新平 Lee Jong Kyoung
Lee Ju Hyun
8月29日
22 GとWでニッコル チュボーン
〜ALONE AGAIN,UNNATURALLY〜
桑畑絹子 玉野陽美 Bang Seung Jin 9月5日
23 君と見上げた夜の空
〜WHEN YOU WISH UPON A SPARK〜
山田由香 小野勝巳 Shin Ki Cheul 9月12日
24 ウヒョホ できたよタリスダム
〜MR.SPARKS OR: HOW I LEARNED TO STOP WORRYING AND LOVE THE BEAST〜
伊丹あき 渡辺けんじ 小野勝巳 9月19日
25 昔のサーガが出て来ます
〜IT'S BEEN A LONG,LONG TIME,BUDDY.〜
江夏由結 奈須川充 Lee Ju Hyun
Bang Seung Jin
9月26日
26 気持ちアチコチスクエア~
〜CAN'T GET THERE FROM HERE IN SQUARE〜
宮下新平 - Shin Ki Cheul 10月3日
27 ついにここまでやって来た
〜MY BIG FOOT GEEK WELDING〜
桑畑絹子 小野勝巳 Lee Jong Kyoung 10月10日
28 風がはこんだめぐり逢い
〜ONCE UPON A TIME IN THE WIND〜
山田由香 渡辺けんじ Lee Ju Hyun 10月17日
29 ズジェレと歌おう レジェンズクラブ
〜A SONG IS BORN IN THE CLUB〜
伊丹あき 宮下新平
大地丙太郎
An Jae Ho 10月24日
30 歴史をかえた愛の歌
〜UNTIL IT'S TIME FOR HIM TO GO〜
江夏由結 Shin Ki Cheul 10月31日
31 追いかーけて、飛ばさーれて
〜CHASERS,RUNNERS,FLIERS〜
桑畑絹子 牛草健 Lee Jong Kyoung 11月7日
32 青春・熱血・セレナーデ
〜STAND TALL BY ME〜
山田由香 小野勝巳 Lee Ju Hyun 11月14日
33 ガリオン ガリルレ ガーリック
〜YET THERE STILL IS THE BLUE PLANET〜
伊丹あき 宮下新平 Lee Jong Kyoung 11月21日
34 モォ~っと3匹ウシが来た!
〜THREE GROUND BULLS〜
江夏由結 小田原男 Shin Ki Cheul 11月28日
35 ラストにビッカリCEO!
〜WHEN THE BOSS GOES MARCHING IN〜
桑畑絹子 小野勝巳 Lee Jong Kyoung 12月5日
36 父よあなたはえらかった
〜DAD ON THE RUN〜
山田由香 大地丙太郎 Lee Ju Hyun 12月12日
37 この空染めたのダレなのさ!
〜WHO'S RESPONSIBLE FOR PAINTING THE SKY?〜
伊丹あき 小田原男 An Jae Ho 12月19日
38 風がどうにも止まってた
〜CROUCHING LEADER,HIDDEN DRAGON〜
宮下新平 Shin Ki Cheul 12月26日
39 ハルカが来た道もう一度
〜THE WAY SHE WAS〜
江夏由結 小林一幸 2005年
1月9日
40 真っシロンに燃えつきた
〜WHEN THE WIND STOP BLOWING〜
桑畑絹子 小野勝巳 Lee Jong Kyoung 1月16日
41 風が街から消えたとさ
〜TOWN OF NO WIND〜
山田由香 小田原男 Lee Ju Hyun 1月23日
42 風よ、オイラに吹いて来な!
〜RETURN OF WIND-MAKER〜
伊丹あき 宮下新平 An Jae Ho 1月30日
43 もう、どーにも止まらない!
〜WHO WANTS TO STOP THE UNSTOPPABLE?〜
江夏由結 小野勝巳 Shin Ki Cheul 2月6日
44 一方その頃、俺たちの旅
〜MEANWHILE...ADVENTURE OF FIRED BROTHERS〜
桑畑絹子 桜井弘明 An Jae Ho 2月13日
45 泳いで飛んで回って…えっ?
〜SPLASH,FLIT,TURN AND GO!〜
山田由香 小田原男 Lee Ju Hyun 2月20日
46 残された人、よっといで
〜LEFT BEHIND? FALL IN!〜
伊丹あき 宮下新平 An Jae Ho 2月27日
47 レジェンズウォーがうぉううぉううぉううぉう
〜THE LEGENDARY,LONGEST DAY〜
桑畑絹子 小野勝巳 Shin Ki Cheul 3月6日
48 今来たこの道戻りゃんせ
〜SO IT WASN'T POINT OF NO RETURN!〜
山田由香 小田原男 Lee Jong Kyoung
An Jae Ho
3月13日
49 光のツッコミ入れたろか!
〜HOLY COW! GOIN' GOIN' GONE!〜
伊丹あき 宮下新平 Lee Ju Hyun 3月20日
50 風と共に去ったとさ
〜FORGOTTEN BUT NOT TOTALLY GONE〜
大地丙太郎 Lee Jong Kyoung 3月27日

英語タイトルは、日本語タイトルの直訳ではなく、中には全く関係のないタイトルになっている物もある。また、英語タイトルの多くは映画や歌のタイトルをもじった物である。

レジェンズ 甦る龍Q伝説[編集]

レジェンズ 甦る龍Q伝説』(レジェンズ よみがえるりゅうきゅうでんせつ)は、埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路の施設である『地底探検ミュージアム「龍Q館」』において上映されている広報用番組。『レジェンズ 甦る竜王伝説』のキャラクターが登場する[1]。2005年6月に上映が開始され、龍Q館に来館すると見ることができる(2011年1月時点)。

フジテレビ 日曜9:30枠
前番組 番組名 次番組
レジェンズ 甦る竜王伝説

漫画版[編集]

レジェンズ』というタイトルで、『月刊少年ジャンプ』にて2003年11月号から2005年4月号まで連載されていた。平井隣原作、春野まこと作画。

漫画版は、同誌で同時期に連載されていた『ドラゴンドライブ』と設定や雰囲気が類似していた(主人公がモンスターを操るバーチャルゲームをプレイするうち、事件に巻き込まれていく)。

漫画版の設定[編集]

竜童学園に転校してきた風来ケンが、ウインドラゴンのシロンと共にバトルを繰り広げる。 ウインドラゴンの「シロン」の名前は一致しているが、アニメ版とは全く設定が異なっている。また、アニメ版と同様、「レジェンズ」はバーチャルの遊びとされているが、使用法が全く違ったり、アニメ版と同様の名前の会社「DWC」が出てきても、会社の概要が全く違ったりする。

登場人物[編集]

人間[編集]

風来ケン(かざき けん)
この物語の主人公。竜童学園5年A組に転校してくる。小3の時にあったある出来事をキッカケとして、レジェンズに深い愛情を注ぐようになった少年(詳しくは、八代英治の欄を参照)。そのためか、レジェンズを粗末に扱う人間を嫌う。正義感は強いものの、あまり頭はよくないため、難しいことは理解できない。パートナーのウインドラゴンのシロンとは、非常に仲がよく、家族のように思っている(これは、キャンピングカーで共に生活している祖母のビビアンがしょっちゅう引っ越しをするため、あまり仲のよい友達ができないことから、より一層シロンを大切にしている)。額が広いことを気にしており、八代にこのことを初対面で指摘されるほど。天城に、「黄金のソウルドールの継承者」として認められるが、最初は「そんなものいらない」と断る。が、レジェンズカーニバルの際などで、その力とケンやシロンの思いなどによって、自分が風のサーガであることを知り、レオやカオルコと共に、ネクロムパレスに向かう。りり子を若干意識している描写が多々あるものの、結局最後までどう思っているのかを打ち明かさなかった。最終話では、ニューヨークへと向かい……。(余談だが、アニメ版第23話にてシュウがケンの顔になるファンサービスがある)
安原りり子(やすはら りりこ)
パートナーはマーメイドのテティ。
炎獄院レオ(えんごくいん れお)
パートナーはブレイズドラゴンのグリードー。
炎獄院ミオ(えんごくいん みお)
御鹿カオルコ(ごしか かおるこ)
檜山ヒデアキ(ひやま ひであき)
出海瞬輔(でかい しゅんすけ)
出海砲輔(でかい ほうすけ)
天城勇樹(あまぎ ゆうき)
三井真希(みつい まき)
葵充(あおい みつる)
梶原芽衣子(かじわら めいこ)
雨宮サキ(あまみや さき)
阿風呂ナミオ(あふろ なみお)
八代英治(やしろ えいじ)

コミックス[編集]

全て集英社ジャンプ・コミックス

  1. 風 来たる(トルネード カム)! ISBN 4-08-873583-8 2004年3月4日
  2. 炎立つ(バーンナウト)!! ISBN 4-08-873615-X 2004年6月4日
  3. 闇の胎動(ネクロムメナス) ISBN 4-08-873687-7 2004年11月4日
  4. そして伝説へ(レジェンズ カム トゥルー) ISBN 4-08-873799-7 2005年4月4日

4コマ漫画版[編集]

また上記とは別に、『リボーンだよ! シロンくん』というタイトルで、アニメ版の設定をベースにしたギャグ調の4コマ漫画が同じく月刊少年ジャンプにて2004年6月号から2005年7月号まで連載されていた。漫画は中山敦支

小説版[編集]

レジェンズ 甦る竜王伝説』というタイトルで、2003年10月27日に小説が刊行された。園田英樹著、渡辺けんじ原作・作画。

目立たないが、これが一連のレジェンズシリーズの皮切りとなっており、この作品での設定がTVアニメシリーズの初期設定の元となっている。

小説版の設定[編集]

主人公はニューヨークに住む10歳の少年、ケン・キッドマン。ある日突然、町が一夜にして森と化してしまい、レジェンズと呼ばれる怪物が出現する。母親がさらわれてしまったケンは、ウインドラゴンのシロンと共に立ち向かう。しかし、途中で小説が終わってしまって続き(後半)がない。

専用ゲーム機版[編集]

2004年バンダイから、ソウルドールやタリスポッド、タリスダムが発売された。タリスポッドは液晶画面が付いた専用のゲームハードになっている。これにソウルドールを差し込みプレイする。レジェンズを育成し、バトルを行うことが出来る。2つのタリスポッドをつないで通信対戦も行える。ソウルドールの底にはICチップが組み込まれており、各レジェンズの育成データはそれぞれのソウルドールに保存される。

ソウルドールは様々なレジェンズのキャラクターに合わせて百数種類が発売されている(玩具屋やガシャポンで発売されたほか、DVDやGBAソフト等の特典として付いていたオリジナルのソウルドールも存在する)。中にはアニメ版のキャラクターや漫画版のキャラクターのソウルドールもある。

専用ゲーム機版の公式サイト(最強小学生)は2009年5月に閉鎖となった。

一般ゲーム機版[編集]

以下のような家庭用ゲーム機用ソフトがバンダイ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されている。これらのゲームの設定はアニメ版が下敷きになっている。上記専用ゲーム機版のソウルドールやタリスポッドと連動しており、ゲームボーイアドバンス版では実際にソウルドールをソフトと一緒に付いているソウルドールアダプターと呼ばれる機器に接続してプレイする。GBA版にはゲームオリジナルのレジェンズ『ヘキサドラゴン』のソウルドールが付いている。

ゲーム作品一覧[編集]

レジェンズ 甦る試練の島
ゲームボーイアドバンス2004年7月29日発売
レジェンズ サインオブネクロム
ゲームボーイアドバンス、2005年2月17日発売
レジェンズ 激闘!サーガバトル
プレイステーション2、2004年12月16日発売

ゲーム版の登場人物[編集]

主人公
GBA版の主人公であり操作するプレイヤー。男と女が選べる。
ヘキサドラゴン
GBA版オリジナルの風のレジェンズで、主人公のパートナー。
アリサ・セプテンバー
『甦る試練の島』に登場。主人公と出会うクールな少女。
ゴブリエル
『サーガバトル』に登場。シュウ達が夢の世界で出会い、彼らに協力してくれるゴブリンの長。
ドリームイーター
『サーガバトル』に登場。夢を巣食う魔物。

カードゲーム版[編集]

レジェンズ・ザ・カードゲーム』 (LEGENDZ THE CARD GAME) というシリーズ名で、バンダイから発売されたトレーディングカードゲーム

カードゲーム版の公式サイトは2006年9月に閉鎖となった。

脚注[編集]

  1. ^ 正確にはタリスポッドのパクり商品であるタリスパッドからの派生商品である。
  2. ^ ただしウサギなどは飼っていない為そのことについて度々突っ込みを入れていた。
  3. ^ しかし時折人間離れした行動を見せる事も。
  4. ^ メグにも「キザ夫さん」と呼ばれている。
  5. ^ 人々の恐怖の念はジャバウォック復活の糧になる為。
  6. ^ 次回予告が彼女に変わってからはまるで事務的に次回のあらすじを読み上げるような物になり、ネタバレが酷くなった。
  7. ^ またはねずっちょ、副部長、ミスターねずみ男、天駆けるねずみ男。
  8. ^ 途中まで「?」表記。

外部リンク[編集]