ルイ・マリー・テュロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・マリー・テュロー

ルイ・マリー・テュローLouis Marie Turreau1756年7月4日 - 1816年12月10日)はフランス革命期の軍人。ヴァンデの反乱時の共和軍(政府軍)司令官。俗に言う地獄部隊Colonnes infernales)を率いヴァンデ軍の掃討に従事した。

人物[編集]

指揮下の部隊に「生き物は皆殺しにしろ」などと指示し、ヴァンデ地方で無差別虐殺を行った。有名な事件だけでもムレ、シャンズオ、プゾージュ、ボープレオなどで無差別虐殺を行った。ル・マンでも無差別虐殺を行おうとしたが、同共和軍司令官マルソーによって阻止された。残虐性が特筆される一方、日誌には指揮官として任務を遂行する義務を果たしただけだと記されていたとも言われている。

参考文献[編集]

  • 森山軍治郎著『ヴァンデ戦争 - フランス革命を問い直す』