リニックの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リニックの定理は(リニックのていり)、解析整数論の一定理であり、以下のように述べられる。


ad を1 ≤ ad - 1を満たす互いに素な整数とし、nを正整数とする。p(a,d) で、

a + nd\ が素数となる最小の整数とする。

このとき、次を満たすような正整数cL が存在する。

 p(a,d) < c d^{L}. \;