リスク分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リスク分析(リスクぶんせき、: Risk analysis)とは、リスクアセスメントのプロセスのひとつである。

リスク分析の手法[編集]

  • FTA フォルトツリー解析 (Fault Tree Analysis)
    初期の事象を一番上に書いた場合、その要因をその下に向かって書いていき、全ての要因をあたかもの形のように列挙して書いていく解析法。ある事象に対して要因の抜けがなく、個々の要因を分析することによって、ある事象の全ての発生要因を分析できる。
  • FMEA 故障モード影響解析
  • ETA 事象の木解析 (Event tree analysis, ETA)
    システム故障が発生するまでの過程を発生確率とその対策の成功、失敗などを踏まえ解析したもの。事象の木(ET)と呼ばれる樹形図が使用される。
  • FMECA
  • HAZOP
  • What-If法
  • AHP法
  • バリュー・アット・リスク (VaR)

関連項目[編集]