リスク分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リスク分析(リスクぶんせき、: Risk analysis)とは、リスク因子を特定するため、またリスクを算出するための一連の情報のシステム的使用を意味する。

ここで、リスクとはある事象の発生確率とその事象の結果の組合せを意味する(ISO/JISによる定義)。具体的には、

  1. どのようなリスク因子(リスクファクター)が存在するのかを調査確認し、特定識別する。
  2. そのようなリスク因子がどれくらいの頻度で発生するのか分析評価する。
  3. また、そのようなリスク因子によりどの程度の損失を被る虞があるのか分析評価する。

と言った手順を取る。そして、リスクアセスメントのプロセスに移行する。

リスク分析の手法[編集]

  • FTA フォルトツリー解析 (Fault Tree Analysis)
    初期の事象を一番上に書いた場合、その要因をその下に向かって書いていき、全ての要因をあたかもの形のように列挙して書いていく解析法。ある事象に対して要因の抜けがなく、個々の要因を分析することによって、ある事象の全ての発生要因を分析できる。
  • FMEA 故障モード影響解析
  • ETA 事象の木解析 (Event tree analysis, ETA)
    システム故障が発生するまでの過程を発生確率とその対策の成功、失敗などを踏まえ解析したもの。事象の木(ET)と呼ばれる樹形図が使用される。
  • FMECA
  • HAZOP
  • What-If法
  • AHP法
  • バリュー・アット・リスク (VaR)

関連項目[編集]