ユカギール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユカギール(Yukaghir/Yukagir、ロシア語юкаги́ры、自称はодул(odul)、деткиль(detkil)など)はシベリア東部に住む先住民族である。コリマ川流域のサハ共和国マガダン州チュクチ自治管区に住んでいる。居住地域は2つに分かれ、北部ユカギール(ツンドラ・ユカギール)はサハ共和国コリマ川下流部に、南部ユカギール(タイガ・ユカギール)はコリマ川上流部とマガダン州スレドネカンスキー地区に住む。

ユカギールは北東アジアで最も古い民族の一つで、古くはバイカル湖から北極海まで住んでいたといわれる。17世紀にロシア人が入植した頃には、レナ川からアナディル川河口に至る広い範囲に住み、9,000人ほどいた。しかし19世紀にかけて伝染病などで人口が減少し、一部の人々はヤクートエヴェンに同化した。

ユカギール語孤立言語で他言語との関係ははっきりしない。現在多くの人がヤクート語ロシア語を使うようになっており、ユカギール語は話者が200人以下で絶滅の危機にある。

かつては多数の部族があり、現在はそのうち次の3部族のみ残っているとされるが、部族としてのアイデンティティも失われつつある。

  • ヴァドゥルVadulはツンドラ・ユカギールに当たり、主にトナカイを飼育している。人口は700人以上。
  • オドゥルOdulはタイガ・ユカギールに当たり、狩猟採集生活をしている。人口は400人以下とされる。以上の人々の人口は1,509人(2002年)となっている。ヴァドゥル、オドゥルはいずれも「力強い」の意味。
  • チュヴァンChuvan:チュクチ語を用いているが元来ユカギールの部族である。人口1087人(2002年)。かつてはチュクチ人とともにいたが現在はコリマ川流域に住む。

正教が布教されたが、古来のアニミズムシャーマニズムも残る。太陽を最高として様々な精霊が世界を支配し、シャーマンも死後は神になると考えられていた。