メイン地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メイン地区District of Maine)は、現在のアメリカ合衆国メイン州のある土地を指す法律の指定した言葉で、アメリカの独立から1820年3月4日のミズーリ妥協の後にマサチューセッツからの独立を得て合衆国で23番目の州となるまで存在した。「メイン地区」という言葉は、メイン州全体の司法を管轄する「合衆国地方裁判所メイン地区」にも使用される。

メイン直轄植民地[編集]

もともとは1607年にプリマス会社が入植したメイン西部の沿岸地域は、まず1622年の土地権利書でメイン直轄植民地(Province of Maine)になった。1677年、メイン直轄植民地はマサチューセッツ湾植民地(Massachusetts Bay Colony)に1250フランの金額で売られ(後にマサチューセッツ湾直轄植民地(Province of Massachusetts Bay)の領地に組み込まれる)、この地域はマサチューセッツ湾植民地のメイン直轄植民地として知られた。

メイン地区[編集]

1778年に大陸会議によって分割され、メイン地区はマサチューセッツの3つの地区の最北に位置した。当時のこの地区は、1760年にカンバーランド郡とリンカーン郡が創設されるまではマサチューセッツのヨーク郡であったヨークカンバーランドリンカーンの各郡で構成された(州に昇格する1820年までには、ハンコックケネベックオクスフォードペノブスコットサマセットワシントンの各郡がメインに加わる)。米英戦争中、イギリス軍はペノブスコット川から東のニューブランズウィックの境界までの全域を含むメインの大部分を占領した。このことが、1820年のメインのマサチューセッツからの最終的な分割をもたらした。

メイン州[編集]

1820年3月15日、ミズーリ妥協の一部として、メインは23番目の州となった。

外部リンク[編集]