ミネソタ大学 カールソンスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カールソン経営大学院 (Carlson School of Management、略称:CSOM)は、ミネソタ大学のビジネススクールで、学部及び大学院がある。カールソン・スクールはミネソタ大学ツインシティー校のミネアポリス・キャンパスの西側 (West Bank) に位置している。

歴史[編集]

CSOM は、ミネソタ大学 School of Management として1919年に設立された。当時は、14名の教授と88名の学生が登録をしていた。1986年に、この大学院は、地元の有力企業w:Carlson Companies創業者、、及びミネソタ大学に顕著な寄付を行った、地元のビジネスマン「カート・カールソン」の名を取って改名された。2005年現在、学生数3,500人以上、12学科及び100名以上の終身的地位に至る教員が登録している。

特徴[編集]

カールソン・スクールには、フルタイム、パートタイム、及びエクゼクティブMBAプログラムを提供している。フルタイム MBA プログラムは、毎年おおよそ120名ほどが登録している。

w:U.S. News & World Reportの2013年版現在、カールソンスクールの順位は以下の通りである:

  • フルタイム MBA 30位
  • パートタイム MBA 9位
  • 合衆国内の学部 17位
  • 情報システム管理 3位

w:Bloomberg Businessweekの2011年版現在、カールソンスクールの順位は以下の通りである:

  • フルタイム MBA 28位
  • パートタイム MBA 66位
  • 合衆国内の学部 41位
  • エクゼクティブ MBA 30位
  • フルタイム MBA 就職率 1位

外部リンク[編集]