マルヤッタ・カヨスマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
女子 クロスカントリースキー
オリンピック
1972 Sapporo 5km
1972 Sapporo 3x5kmリレー
1976 インスブルック 4×5kmリレー
1972 Sapporo 10km
ノルディックスキー世界選手権
1970 Vysoké Tatry 10km
1970 Vysoké Tatry 3x5kmリレー

マルヤッタ・カヨスマ(Ritva Marjatta Kajosmaa、1938年2月3日 - )はフィンランドキュメンラークソ県Vehkalahti(現在のハミナの一部)出身の元クロスカントリースキー選手。1960年代から1970年代にかけて国際大会で活躍した。

プロフィール[編集]

カヨスマは1968年のグルノーブルオリンピックに初出場、5 km、10kmとも5位入賞、リレーでは4位となった。1969年のホルメンコーレンスキー大会で5km、10kmの2冠、1970年ノルディックスキー世界選手権では5km4位、10km銀メダル、リレーで銅メダルを獲得。 1971年のホルメンコーレンスキー大会10kmで2度目の優勝、同年のホルメンコーレン・メダルを受章した。

1972年の札幌オリンピックでは5kmとリレーで銀メダル、10kmで銅メダルを獲得、ホルメンコーレンスキー大会では5kmと10kmで2度目の2冠となった。更に翌年も同大会で2年連続の2冠を達成した。

38歳で迎えた1976年インスブルックオリンピックではリレーで銀メダルを獲得した。

1969年から1973年まで4年連続してフィンランド最優秀女性スポーツ選手賞を受賞した。

出典[編集]