マリアン・ングアビ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリアン・ングアビ大学 (英語:Marien Ngouabi University 、フランス語:Université Marien Ngouabi 、略記:UMNG) は、コンゴ共和国で唯一の国立大学である[1]。コンゴ共和国の首都であるブラザヴィルに置かれている。

歴史[編集]

マリアン・ングアビ大学は、1971年12月4日にブラザウィル大学として設立された。当大学設立に当たっては、コンゴ共和国の独立権を主張する思惑があったといわれる。1977年3月18日に、コンゴ共和国の大統領であったマリアン・ングアビが暗殺されると、同大学はングアビ元大統領に因んで1977年7月28日にマリアン・ングアビ大学へと改名を行った[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]