マニラプトル形類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニラプトル形類(マニラプトルけいるい、Maniraptoriformes)は、恐竜の小~中型獣脚類の一グループの名前。

マニラプトル形類の特徴は肩の骨格が前後のみならず上下にも動くように進化し腕の可動範囲が広がったこと、手首の骨格が上下のみならず前後にも動くように進化し手の可動範囲が広がったこと、さらに体表の羽毛が正羽(羽軸を持つ羽毛)に進化し羽毛恐竜と化したことである。

マニラプトル形類はジュラ紀中期にコエルロサウルス類から分岐した。 マニラプトル形類は鳥類的な要素を持つ恐竜の群である。歯を失いクチバシとなったもの、尾が短化し尾羽が生じたものなど形態的な要素の他にも、を自らの体で温める鳥類の生態と同じ形をとった化石も発見されている。

分類体系[編集]