ホウ羲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「龐羲」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

龐 羲(ほう ぎ、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将、政治家。司隷河南尹の人。

事跡[編集]

姓名 龐羲
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 司隷河南尹
職官 議郎〔後漢〕→和徳中郎将〔劉焉〕

→巴西太守〔劉璋〕→左将軍司馬〔劉備〕
→営司馬〔劉備)

爵位・号等 -
陣営・所属等 劉焉劉璋劉備
家族・一族 娘婿:劉循

最初は、朝廷で議郎を務めていたため、益州劉焉とは父祖以来の交際があった。興平元年(194年)、劉焉の子劉範劉誕が、を討伐しようとして処刑されると、龐羲はその子供たちを連れて益州へ逃れた。劉焉が死去し、劉璋がその後を継ぐと、龐羲は巴西太守に任命され、漢中張魯に備えた。また龐羲の娘は、劉璋の子劉循の妻となった。龐羲は士を好むとの評判があったため、鄧芝などが身を寄せている。

ある時、龐羲が張魯に対抗するため私兵を募集していると、劉璋に讒訴する者がいたため、劉璋は龐羲を猜疑するようになった。これを恐れた龐羲が、巴西の程畿に救援してもらおうと、その子程郁を派遣したが、程畿は「異心を抱いていないのなら、誠意を尽くすべきです」と回答してこれを拒否した。龐羲は程郁を殺すと脅して、あくまで程畿に協力させようと迫ったが、重ねて拒否された。このため、ついに龐羲が劉璋に謝罪したところ、劉璋もこれを許したという。

なお建安16年(211年)、張松劉備を益州に招き入れる目的で劉璋に進言した際に「龐羲・李異が自らの軍功に驕り、外部と手を結ぼうとしている」と述べているが、張松が上記の讒言者と同一人物であるかは不詳である。

劉備が益州を平定すると、龐羲はこれに仕えて左将軍司馬に任命された。建安24年(219年)、劉備を漢中王に推挙した際には、営司馬として名を列ねている。

物語中の龐羲[編集]

小説『三国志演義』では、「龐義」という名でも登場している(第65回)。龐羲は史実通り巴西太守を務め、張魯が益州進攻を図ろうとしていることを知ると、この情報を劉璋に告げる。劉備が益州を平定すると、営中司馬になっている。その後、関羽に援軍を送らなかった孟達に「漢中王に処罰されるぞ」と書いた手紙を送ろうとするが、途中で間者が馬超に捕まり、その手紙の内容が劉備に漏れてしまったため、処刑されている。

参考文献[編集]

  • 三国志』蜀書1劉焉伝、劉璋伝
  • 同蜀書2先主伝
  • 同蜀書15鄧芝伝、楊戯伝
  • 華陽国志』卷5劉二牧志