劉循

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
姓名 劉循
時代 後漢時代 - 三国時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 劉緯(別名)
本貫・出身地等 荊州江夏郡竟陵県
職官 奉車中郎将
爵位・号等 -
陣営・所属等 劉璋劉備劉禅?
家族・一族 祖父:劉焉 父:劉璋

伯父劉範 劉誕 劉瑁
弟:劉闡(劉緯)

劉 循(りゅう じゅん、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢に仕えた人物。父は劉璋。弟は劉闡。妻は龐羲の娘。『三国志』蜀書先主伝などで触れられている。

生涯[編集]

劉備益州攻略戦では城に籠って、一族の劉璝とともに1年以上劉備軍の攻撃に屈指ず、抵抗したが、最終的に父と共に劉備軍に降伏した。降伏後に父が公安太守として荊州に赴任したが、劉循は奉車中郎将として成都に留め置かれた。後に荊州がに占領され、父と弟が呉に降伏した後もそのまま蜀に仕えた。

小説『三国志演義』にも登場する。