ベリーロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベリーロールは、陸上競技走高跳における跳躍の仕方の一種。

最後に踏み込んだ足の逆の足を上げ体を水平にし、顔からバーを下に見る形をとり回転するようにして跳ぶ。 正面跳びが基本であった頃に登場してから、より高く跳べるという事で急速に普及し時代を一新した。 現在も義務教育の授業等でははさみ跳び等と並び広く用いられている跳躍法で一般的ではあるが、背面跳びの登場により現在は国際大会などではまず見られない。

外部リンク[編集]