ベアトリス2世 (ブルゴーニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベアトリス2世(Béatrice II de Bourgogne, 1193年 - 1231年5月7日)は、ブルゴーニュ女伯(在位:1205年 - 1231年)。ブルゴーニュ伯オトン1世とマルグリット・ド・ブロワの次女。ドイツ名でベアトリクス・フォン・シュタウフェン(Beatrix von Staufen)とも呼ばれる。

1200年に父オトンがブザンソンで暗殺された後、男子がいなかったために姉ジャンヌ1世が幼くして伯位を継いだ。しかしジャンヌも1205年に早世したため、ベアトリスが後を継いだ。

1208年にアンデクス公およびメラーノ公オットー1世(en, ブルゴーニュ伯としてはオトン2世)と結婚した。2人の間には1男5女が生まれ、ベアトリスの死後にオットー2世とアーデルハイトが相次いでブルゴーニュ伯を継承した。

  • オットー2世(en, 1208年 - 1248年6月19日) ブルゴーニュ伯(オトン3世)、アンデクス公、メラーノ公
  • アーデルハイト(en, 1209年 - 1279年3月8日) ブルゴーニュ女伯(アデライード)、初めユーグ3世・ド・シャロンと結婚、死別後の1267年にサヴォイア伯フィリッポ1世と結婚。
  • アグネス(de, 1215年? - 1263年) 1229年オーストリア公フリードリヒ2世と結婚(1240年離婚)、1248年にケルンテン公ウルリヒ3世と結婚。
  • ベアトリクス(? - 1265年) オーラミュンデ伯ヘルマン2世と結婚。
  • マルガレータ(? - 1271年10月25日) 1232年9月25日モラヴィア辺境伯プシェミスル(ボヘミア王オタカル1世子)と結婚、1240年6月2日トリューディンゲン伯フリードリヒ5世(1274年8月30日没)と結婚。
  • エリーザベト(? - 1272年12月18日) ニュルンベルク城伯フリードリヒ3世と結婚。
先代:
ジャンヌ1世
ブルゴーニュ女伯
1205年 - 1231年
次代:
オトン3世