プリエネのピュティオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピュティオスPythios 生没年不明)は、紀元前353年から紀元前334年に活動した小アジア建築家および理論家である。

概要[編集]

ピュティオスはペルシアに渡り、同時代の建築家サテュロスとともに、古代のもっとも有名で精緻な埋葬のためのモニュメント、すなわち、カリアの支配者マウソロスのためにハリカルナッソスに建てられ、世界の七不思議のうちの一つに数えられている、豊かな彫刻飾りのついた大霊廟マウソロス霊廟(紀元前353年以前に起工、完成は紀元前350年より後。彫刻の断片は現在大英博物館にある)を設計し、またそれについての記述を残した。 この建物についての論述の中で、彼はその比例の完全さを賞揚し、ドーリア式オーダーを批判した。

この結果建築理論を確立し、建築家のための幅広い修業を推奨した最初の人物といわれ、その建築理論によると建築家は「すべての芸術、科学において、その個々の主題において勤勉と努力により最高の名声を得た者よりも、よくこなす能力を持つべきである」と唱えている。

また、イオニア式オーダーがそこで規範的な形態に達したと考えられている。

その他、プリエネのアテナ神殿(紀元前334年に献堂。破片が現在ベルリンのペルガモン博物館と大英博物館にある)の建築家でもある。

参考文献[編集]

  • ジョン・ローマー、エリザベス・ローマー『世界の七不思議』河出書房新社