プシュケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プシュケから転送)
移動: 案内検索

プシュケー: Ψυχήアルファベット表記:Psyche)とは、古代ギリシャの言葉で、もともとは(いき、呼吸)を意味しており、転じて生きること(いのち、生命)、またを意味するようになった言葉である。

: Ψυχήはもともと息(呼吸)を意味していた。呼吸は生命のしるしとして最も顕著なものであったので、やがてこのプシュケーという言葉は、生命を意味するようになり、それが転じて、やがても意味するようになった[1]。そのような語義になったのも当然[2]と指摘されている。(注※[3]

「プシュケー」という言葉を現代日本語に訳す場合、ひとつの訳語で押し通すことは困難なことが多々ある。同一の文献でも、ある文脈では「いのち」と、ある文脈では「心」あるいは「魂」と訳したほうが適切で、ある文脈ではどちらとも解釈可能、ということもある。古代ギリシャ語と現代語では概念の体系自体が異なっているのである[4]

古代ギリシャ哲学[編集]

ソクラテスは(あるいはプラトンが自著で描くソクラテスは)、プシュケーをの座だとした。< よく生きる >ことを《プシュケーの気遣い》として説いた[5]。プシュケーの世話をせよ、と説いたのである。

ソクラテスの弟子のプラトンは、滅びる宿命の身体に属する感覚を超えた知を描き、知を特質とし自己を動かすプシュケーは不滅である、とした[5]

アリストテレスは『ペリ・プシュケース』(「プシュケーについて」という題名の書)において、さまざまな生命の生存の原理を論じ、プシュケーとは「可能態において命をもつ自然的物体の形相」と述べ、プシュケーというのは命の本質である自己目的機能であり、そして起動因である、とした。また同書でプシュケーは栄養摂取、知覚理性などの順で階層をなしていると捉え、各階層ごとに説明を試みた[5]。より細かく挙げれば、栄養摂取、生殖の能力、感覚能力、欲求能力、場所的移動の能力、表象能力、理性能力などである。

アリストテレスは、一時期は生物の種類によって異なるプシュケーの段階があると見なし、(1)植物的プシュケー (2)動物的プシュケー (3)理性的プシュケー の3つを区別した。だが、彼の知識が増えるにしたがい、植物・動物・人間にプシュケーの違いが絶対的にあるとは考えないようにようになり、動物もその程度に応じて人間と同じような理性を持っていると考え、さらにその後になると、植物・動物・人間でプシュケーに区別は基本的に無い、と見なすようになったようである[6]

プロティノスは、神秘主義的な方向に進み、一者からヌース(知性)が、ヌースからプシュケーが、そしてプシュケーからヒューレー質料)が流れ出ると述べた。

新約聖書[編集]

新約聖書における「プシュケー」は、例えば『マルコによる福音書』3:4、8:35、10:45のそれは、日本語では「命」と訳しうる。また、マルコ 14:34、ルカなどでは感情の座である[5]。新約聖書の「プシュケー」という表現は、現代語で言う「精神」と「身体」を合わせた人間を表しているのであって、霊肉二元論ではないので、「人」とか「人々」と訳したほうが自然なくだりも多い[5]

新約聖書ではプシュケーはプネウマと対比され、プネウマのほうは神から与えられる超自然的賜物とされている[5]。 例えば、パウロ書簡でもそうで、(ロシア語聖書ではプシュケーはドゥシャ、プネウマはドゥーフ、という語に訳し分けられている)、プネウマ(ドゥーフ)はパウロ書簡では、心・魂ではなく、それらを超えたところから外的に働く力、としてしるされている[7]救済古代ギリシャグノーシス主義では「神的プシュケーの罪ある肉体(ソーマ)の牢獄(セーマ)からの解放」であったが、新約聖書ではあくまで体の復活としてとらえられている[5]

ルター[編集]

ルターは、ギリシャ語のプシュケーをつねに「いのち」と訳していたという[8]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』第11巻、【生物学】p.220
  2. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』第11巻、【生物学】p.220
  3. ^ ※ なお、息という意味から《生きること》や《いのち》までも派生するようになったのは何も古代ギリシャ語に限らない。日本語でも、「いき(息)」という言葉が活用(語形変化)して「いき-る(生きる)」という言葉が成立したのである(出典:『日本語語源大辞典』2005、『大言海』1932年)。また「いのち」という言葉の語源に関する説は(説がひとつに定まっているわけではなく確定的な説は無いものの)「い(息)のうち」という意味・表現から生じたという説(出典:大言海、日本語源辞典)、あるいは「息のち(力)」から生じた、とする説(出典:語源由来辞典)が主たるもので、いずれにせよ日本語でも一般的に「いのち」は「息」から派生した言葉だと判断されているのである。
  4. ^ 通約不可能性も参照のこと
  5. ^ a b c d e f g 山我哲雄 『哲学 ・ 思想 事典』 岩波書店、1998年。4-00-080089-2。
  6. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』第11巻、【生物学】p.221
  7. ^ 文學界 第 7~8 号 p.150
  8. ^ 菱刈晃夫『近代教育思想の源流:スピリチュアリティと教育』p.123

参考文献[編集]

  • 『哲学 ・ 思想 事典』1998年 【プシューケー】
  • 『日本語語源大辞典』2005
  • 『ブリタニカ国際大百科事典』第11巻

関連文献[編集]

  • 西岡孝治「プシュケーとソーマ --プラトン対話篇に於ける」『思索』 (5), 東北大学哲学研究会、155-172, 1972-10
  • 清水哲郎パウロの言語哲学』2001
  • 荻野博和「オリゲネスにおける聖書解釈の原理としてのプシュケー」トマス大学大学院論叢, 聖トマス大学大学院論叢 (11), 1-55, 2009-12, 聖トマス大学大学院人文科学研究科
  • 北村普「サルトルとプシュケーの問題」『哲学世界』早大文研哲学専攻刊 1988年