フセスラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フセスラフ
キエフ大公
ポロツク公
在位 1068年 - 1069年(キエフ大公)
1044年-1068年(ポロツク公)
王家 リューリク家
王朝 リューリク朝
テンプレートを表示

フセスラフ1039年以前-1101年)はキエフ大公(在位1068年-1069年)、ポロツク公(1世)。ポロツクは現在のベラルーシの都市である。父はポロツク公ブリャチェスラフ1世。子にはポロツク公ダヴィドミンスク公グレプ、ポロツク公ボリス、ポロツク公ログヴォロド1世、ロスティスラフ・ユーリーがいる。

イーゴリ遠征物語』等にその名を見ることができる。

Eastern-Europe-map2.png この「フセスラフ」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア