ヒュー・ダーウェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒュー・ダーウェン: Hugh Darwen)は、関係データベース技術を専門とするイギリスコンピュータ科学者である。 関係データベースの関係モデルの初期から関係モデルに関わってきた。

経歴と業績[編集]

ダーウェンは、1967年から2004年までの間は、IBM United Kingdom (IBMイギリス法人) の社員であった。 1978年から1982年までの間は、同社で Business System 12 の主席アーキテクトを務めた。 Business System 12 は、関係モデルをかなり正確に実装したと評価されている関係データベース管理システム (RDBMS) である。 ダーウェンは、ISO SQL 委員会 (JTC 1/SC 32/WG 3 Database languages) に、IBMを代表して、同社を退職するまで参加した。 ダーウェンは、クリス・デイトと密接に連携して活動している。 ダーウェンは、"The Askew Wall" の著者であり、"The Third Manifesto" の共著者である (デイトとの共著) 。

現在は、イギリスのウォーリック大学コンピュータ科学部で関係データベースを講義している。 また、同国の公開大学 (The Open University) の講師でもある。 ダーウェンは、講義の一環として簡潔なデータベース言語 Tutorial D を教えている。 Tutorial D は、ダーウェンとデイトが設計したデータベース言語である。

著書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]