パターノ・ビューチ反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パターノ・ビューチ反応 (Paternò–Büchi reaction) はカルボニルアルケンから四員環のオキセタンを合成する光化学反応である。名称は、この反応の基礎を築いた2人の化学者、Emanuele Paternò と George Hermann Büchi に因んでいる[1][2]

Paterno-Buchi reaction.svg

マールブルク大学の Dr. Thorsten Bach はこの反応をさらに研究し、1998年に発表した論文で反応機構や有用性を述べた[3]

最近では、パターノ・ビューチ反応を利用して天然有機化合物を合成しようとする試みがなされている。これらの実験で、化学者は位置選択性ジアステレオマー選択性を中心に研究している。

脚注[編集]

  1. ^ E. Paterno, G. Chieffi (1909). “.”. Gazz. Chim. Ital. 39: 341. 
  2. ^ G. Büchi, Charles G. Inman, and E. S. Lipinsky (1954). “Light-catalyzed Organic Reactions. I. The Reaction of Carbonyl Compounds with 2-Methyl-2-butene in the Presence of Ultraviolet Light”. Journal of the American Chemical Society 76 (17): 4327–4331. doi:10.1021/ja01646a024. 
  3. ^ Thorsten Bach (1998). “Stereoselective Intermolecular [2 + 2]-Photocycloaddition Reactions and Their Application in Synthesis”. Synthesis 1998: 683–703. doi:10.1055/s-1998-2054.