バーリー・グリフィン湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)は、オーストラリアの首都キャンベラの中心にある人工湖1964年モロングロ川をせき止めて作られた。

湖の名前は、キャンベラの都市計画を策定したアメリカ合衆国建築家ウォルター・バーリー・グリフィンに由来する。

湖畔近くには国会議事堂、最高裁判所、国立図書館、国立美術館、国立科学技術センター(QUESTACON:クエスタコン)、オーストラリア戦争記念館などが立ち並ぶ。また毎日10時から11時45分と14時から15時45分に巨大な水柱を吹き上げるキャプテン・クック記念噴水(Captain Cook Memorial Water Jet)が有名。

湖を一周できるサイクリング路も整備されている。

バーリー・グリフィン湖と国会議事堂

関連項目[編集]