ハリー・ロビンス・ハルデマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H・R・ハルデマン
(1971年1月21日)

ハリー・ロビンズ・“ボブ”・ハルデマン (Harry Robbins “Bob” Haldeman, 1926年10月27日 - 1993年11月12日)は、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのアメリカのビジネスマン。広告企業の重役からニクソン大統領首席補佐官に転身、ニクソンを支えたが、ウォーターゲート事件の主要人物の一人として注目を浴びた。ホワイトハウス時代には専らH・R・ハルデマン(エイチ・アール・ハルデマン)として一般には知られていた。

来歴・人物[編集]

カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) 卒業。

広告会社 J・ウォルター・トンプソンの重役から、1969年にニクソン大統領の首席補佐官に就任、すぐにアメリカで2番めに影響力のある人物と考えられるようになった。ハルデマンは、ニクソンの厳しい門衛としての評判を持っていた。

彼と、内政担当大統領補佐官のジョン・アーリックマンは友人であり親しい共犯者だった。ともに「ドイツ人」の異名で知られたデュオで、ニクソンの大統領職において最も忠実で信頼された補佐官だった。

彼はウォーターゲート事件の重要参考人としてで1973年4月30日に辞職を強いられた。ハルデマンは1975年2月21日に証拠隠滅の共同謀議があったとして有罪判決を受け、18か月服役した。

ハルデマンとニクソン
(1972年11月21日)