ハイネ・カントールの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイネ・カントールの定理とは、次のような定理である。

Mコンパクト距離空間N を距離空間とする。このとき、任意の連続関数 f  : M → N は一様連続である。

[編集]

f : [a,b] → R が連続ならば、一様連続である。


関連項目[編集]