ドナルド・ゴインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドナルド・ゴインズDonald Goines , 1937年12月15日 - 1974年10月21日 )はアメリカ小説家

略歴[編集]

ミシガン州デトロイト生まれのアフリカ系アメリカ人。比較的裕福な家庭に生まれたが、家業を継ぐことを嫌い、10代で年齢を偽って軍隊に入隊。1952年-1955年の従軍中にヘロイン依存症となる。除隊後、クスリ代を稼ぐために始めたポン引き、強盗、密売などの悪事により、実刑判決を受ける。服役中に小説を書きはじめ、1970年の釈放後から本格的に執筆活動を始める。約5年間で16作品を世に送り出した(うち何作かはAI .C.Clark名義)。全作品の売り上げは世界で1000万部にのぼるとも言われる。2パックジェイ・ZDMXリュダクリスなどヒップホップのスターたちに影響を与えたブラック界のカリスマ的人物。1974年、妻とともに銃撃され、37歳で死亡。麻薬がらみのトラブルによるものとされているが、真相は不明。近年ではDMX主演ネバー・ダイ・アローン(2006年)という作品が映画化された。

作品[編集]

  • Dopefiend (1971年)
  • Whoreson (1972年)
  • Black Gangster (1972年)
  • Black Girl Lost (1973年)
  • Street Players (1973年)
  • White Man's Justice, Black Man's Grief (1973年)
  • Daddy Cool (1974年)
  • Eldorado Red (1974年)
  • Swamp Man (1974年)
  • Never Die Alone (1974年) - DMX主演で映画化
  • Crime Partners (1974年)
  • Cry Revenge (1974年)
  • Death List (1974年)
  • Kenyatta's Escape (1974年)
  • Kenyatta's Last Hit (1975年)
  • Inner City Hoodlum (1975年)

日本語訳[編集]

影響を受けた人物[編集]