セリー・オーク・ポンプ場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セリー・オーク・ポンプ場の東面。建物のすぐ背後(西側)にはクロス=シティ線の高架が走っている。

セリー・オーク・ポンプ場(セリー・オーク・ポンプじょう、英語: Selly Oak Pumping Station)は、イングランド中部バーミンガムセリー・オークで、1878年から1920年まで稼働していたポンプ場。

歴史[編集]

セリー・オーク・ポンプ場は、1878年バーミンガム事業団水道局(Birmingham Corporation Water department)によって建設され[1]、建物直下の井戸から、家庭用に給水される水を汲み上げるために、ボールトン・アンド・ワット社製の蒸気機関が設置されていた。

ゴシック建築風の建物の設計は、マーティン・アンド・チェンバレン(Martin & Chamberlain)によるものである。建物の外見は、フランスのゴシック建築による王族の礼拝堂のようになっている。東面のファサードには上部のブラインド・アーケード、階段状に細いブラインド・アーケードを配したタレット高窓(clerestory)を配したアプスが配されている[2]

ポンプ場としての施設は、1904年エラン用水路(Elan aqueduct)が当地まで開通すると不要となったが、予備施設として1920年までそのまま残された[3]。その後、建物は変電所に転用された。

セリー・オーク・ポンプ場は、重要文化財建築物(listed building)のグレード2に指定されている[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ The English Mechanic and World of Science, Volume 29. 1879
  2. ^ News and Information about Birmingham UK, Secular Listed Buildings in Birmingham (5/6)”. LACT Limited. 2011年2月23日閲覧。 - ただし、この記述で「The north facade」とあるのは、東面の誤り。
  3. ^ Butler, Joanne; Anne Baker & Pat Southworth (2005). Selly Oak and Selly Park. Images of England. Tempus Publishing. pp. 40. 
  4. ^ Images of England — イングランド建築物データベース (216812) - Grade II

座標: 北緯52度26分38秒 西経1度56分13秒 / 北緯52.44402度 西経1.93691度 / 52.44402; -1.93691