スピードフライング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スピードフライング (Speed Flying) は、小型・高速のスピードグライダーやスカイダイビング用パラシュートを使い、山の斜面からパラグライダーのようにテイクオフして、低空をハイスピードで飛行するスカイスポーツである。

よく似たスポーツに スピードライディング (Speed Riding) がある。これは一般に、スピードフライングが走ってテイクオフする (Foot-Launch) ものであるのに対して、スキーを使用してテイクオフするウインタースポーツであるとされている。しかし、これらの呼称はしばしば混同されて使用されている。

翼の比較[編集]

空気を取り込むことによって翼の形をつくる「軟体翼」の性能の比較は以下の通り。

  • スピードグライダー - 翼面積:8–18 ㎡ (85–195 ft2)  滑空比:3:1–5:1 速度:30–145 km/h (20–90 mph)
  • パラグライダー - 翼面積:20–35 ㎡ (215–375 ft2) 滑空比:8:1–11:1 速度:20–70 km/h (12–45 mph)
  • パラシュート - 翼面積:5.4–25 ㎡ (58–270 ft2)  滑空比:3:1 速度:25–145 km/h (15–90 mph)

脚注[編集]

関連項目[編集]