ジョン・ミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ミル(John Mill、1645年頃 - 1707年6月23日)はイギリス聖書学者である。

ミルはオックスフォード大学クィーンズ・カレッジの教官であった。ジョン・フェルギリシア語新約聖書の批評資料欄に影響を受けて、できる限りのギリシア語写本、初期の翻訳教父の資料を集めて、新約聖書本文批評の研究を30年間行った。

死去する二週間前に、ギリシア語の新約聖書を出版した。その聖書ステファヌスの1550年版を変更なしで使用したが、序論において、32のギリシア語聖書と100区近くの写本を論じて、また教父の意見を引用した。

ダニエル・ウィットビー博士らによって批判されたが、エドワード・ウェルズなどはミルの研究の結果は評価された。

参考文献[編集]