ジサツのための101の方法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジサツのための101の方法
対応機種 Windows 98/Me/2000
発売元 公爵(デューク)
ジャンル 妄想心理ノベル
発売日 2001年10月5日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 3
セーブファイル数 7
ゲームエンジン ?
画面サイズ 640×480
BGMフォーマット CD-DA
キャラクターボイス なし
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり(既読)
オートモード なし

ジサツのための101の方法』(じさつのためのひゃくいちのほうほう)は、パソコンソフトブランド公爵2001年10月5日に発売した、妄想心理ノベルと呼ばれるジャンルのアダルトゲーム


あらすじ[編集]

虎菱拓司は自ら「灰色」と名付けた正体不明のノイズを聞き“妄想”と“現実”の判別があやふやになっていく…

登場人物[編集]

虎菱拓司(とらびし たくじ)
主人公。自らが灰色と名づけたノイズを聞く。現実的な学園生活のほかに、性的な妄想、病室の世界などを見て、真実と妄想の区別が難しくなっている。猫を集めるのが得意。
口癖が『死んじまおうかなぁ』。御堂俊一曰く「幸せな事に飽きて溜め息ついてるような男」。
世界を新しく創造する力を持っている。
虎菱早桃(とらびし さもも)
主人公の妹。性格の腐っている虐められっ子。
月代カンナ(つきしろ かんな)
屋上からビニール袋にくるんだ猫を落として生を実感している。美しい死に方を探している。
神凪紅葉(かんなぎ もみじ)
主人公の幼馴染。コンプレックスを隠すためなら、友人の命を殺人犯に差し出す。被害妄想あり。
雲居なたね(くもい なたね)
緑髪、めがねっ娘。自らを宇宙人にレイプされたと信じて、宇宙人に対抗する協力者を募るビラを配っている電波系少女。物語の鍵を握っている。
錦城茜子(きんじょう あかねこ)
国語教師。
御堂俊一(みどう しゅんいち)
不良学生。ドラッグや売春などの暴力的な噂が絶えない。
若草ゆき
故人。月代カンナの友人。ホテルの一室でカンナと共に大量の薬剤を服用して心中したが、カンナだけが嘔吐によって生き残ってしまった。
柏木
メガネをかけた男子。自殺波動により耳にシャープペンシルを差込み、カチカチとノックを繰り返して芯を反対側の耳まで貫通させて死亡。
教授(きょうじゅ)
拓司が病室に入っている世界に登場。虎菱拓司の治療を担当している。
正体は最終波動によって世界を滅ぼした魔人。虎菱拓司の持つ力を行使させないために、偽りを信じ込ませようとしている。
ナタネ
メガネはかけてないが、雲居なたねに瓜二つな少女。病室の世界に登場。
実は雲居なたねをモデルに虎菱拓司が作り出した存在である。教授に惑わされる拓司に真実を示し導く。
ドルチェ
羽のある人語を話す黒猫。虎菱早桃が子供のころから見ている空想上の友達。会話の最後はいつも『答はね、早桃ちゃん。風のなかにあるニャ』で締めくくる。

ゲーム中の用語[編集]

自殺波動
浴びると死にたくなってくるが、アルミホイルで防げる謎の波動。
生体兵器エンケリュス
上記自殺波動を発生させる怪生物。
地中を潜行する。宇宙人の侵略兵器。雲居なたねの口から語られるだけで視認はされないため、実在するのか妄想なのかは明らかではない。
最終波動
世界を滅ぼす波動。自殺波動は最終波動の前兆でしかない。その発生源は、謎の自殺が続いてコンクリートで埋められてしまった保健室。

スタッフ[編集]

  • 原画:貴森裕友
  • シナリオ:山田おろち
  • 音楽:YET11(PULSENOTES)
  • オープニング曲:『ヒカリ』
  • エンディング曲:『シアワセノサガシカタ』

主題歌「ヒカリ」は歌詞の内容が残虐、反社会的であることを理由に長くCD化を見送られていたが、2010年、「佐藤ひろ美 the BEST-Ever Green-」(佐藤ひろ美の歌手活動10周年記念アルバム)に収録された。

外部リンク[編集]

  • 公爵(年齢確認あり)