ジェームズ・レンウィック・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・レンウィック・ジュニアJames Renwick Jr., 1818年11月11日 - 1895年6月23日)は、アメリカ合衆国建築家。19世紀にアメリカで最も活躍した建築家の一人。アメリカ建築家事典(The Encyclopedia of American Architecture)に、"one of the most successful American architects of his time."とある。

生涯[編集]

ニューヨーク市の裕福な家庭に生まれる。英国人の父ジェームズ・レンウィックは、有名なエンジニア・建築家であり、コロンビア大学の哲学の教授であった。 建築家である二人の兄弟がいる。ニューヨークブルックリン区のグリーンウッド墓地に妻と父と共に埋葬されている。

12歳でコロンビア大学に入学し工学を学び1836年に卒業。3年後に修士号を取得する。 1846年ワシントンD.C.スミソニアン協会本部のデザイン権利を得る。 1849年マンハッタンレキシントン街23丁目に、ニューヨーク市立大学シティカレッジの前身フリーアカデミーの校舎ビルを建築する。これは東海岸に所在するゴシック・リヴァイヴァル建築による大学校舎建築の最も初期のものである。

ニューヨーク5番街51丁目に建つセント・パトリック大聖堂は、彼の代表的な作品である。

おもな作品[編集]

参考文献[編集]

  • R.T.McKema TamesRenwick Jr.and the Second Empire Style’in Magazine of Art March 1951.


外部リンク[編集]