シンボルグラウンディング問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンボルグラウンディング問題(シンボルグラウンディングもんだい)とは、記号システム内のシンボルがどのようにして実世界の意味と結びつけられるかという問題。記号接地問題とも言う。 ハルナッド(w:Stevan Harnad)によって命名された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

土屋俊・中島秀之・中川裕志・橋田浩一・松原仁・大澤幸生・高間康史 編集 『AI事典 第2版』共立出版 ISBN 4-320-12063-9