サポナリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サポナリン
Chemical structure of saponarin
識別情報
CAS登録番号 20310-89-8
PubChem 4636593
特性
化学式 C27H30O15
モル質量 594.52 g/mol
精密質量 594.15847 u
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

サポナリン(Saponarin)は、フラボングルコシドである。イソビテキシン(サポナレチン)の7-O-グルコシドである。サボンソウヒスイカズラに含まれ、花の特徴的な緑色に寄与している。この特徴的な緑色は、マルビンアントシアニン)とサポナリンが1:9の割合で存在することによる共色素効果の結果である。表皮からの樹液のpH7.9の塩基性下では、この2つの色素によって、青緑色を呈する。実験により、弱酸性下では、サポナリンは強い黄色を呈し、花を緑色にすることが分かっている[1]トケイソウ属でも見られる。

出典[編集]

  1. ^ Greenish blue flower colour of Strongylodon macrobotrys. Kosaku Takeda, Aki Fujii, Yohko Senda and Tsukasa Iwashina, Biochemical Systematics and Ecology, Volume 38, Issue 4, August 2010, Pages 630–633, doi:10.1016/j.bse.2010.07.014