ゲイリー・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲイリー・シュミット(Gary Schmidt、1957年 - )は、アメリカ合衆国児童文学研究者、作家ニューヨーク州ヒックスヴィル生まれ。

カルヴィン大学文学部教授として教鞭を執る傍ら、自ら創作も行っており2005年に"Lizzie Bright and the Buckminster Boy"(リジー・ブライトとバックミンスター・ボーイ)、2008年に"The Wednesday Wars"(水曜日戦争)でニューベリー名誉賞を2度にわたり受賞している[1]

日本語訳された作品には「最高の子 牛小屋と僕と大統領」("First Boy"、講談社文庫2006年)がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ Newbery Medal and Honor Books, 1922-Present”. American Library Association. 2012年4月11日閲覧。
  2. ^ 最高の子(講談社BOOK倶楽部)

外部リンク[編集]