クロスオーバー (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バスケットボールにおいてクロスオーバー(Clossover)とは、ボールポゼッションのオフェンスプレーヤーがディフェンスを抜き去る為に左右の動きで、ディフェンスを揺さぶるプレー。ボールを素早く左右に切り替えるドリブルでディフェンダーを振り切るプレーをクロスオーバードリブルと呼ぶ。高度なドリブル技術、とボディーバランス、俊敏さを必要とする。NBAプレーヤーでは、マヌ・ジノビリコービー・ブライアント[1]ドウェイン・ウェード[2]らのクロスオーバープレーが有名。通常左右の手でドリブルを素早く切り替えるが、ジノビリのクロスオーバーでは片手のドリブルで左右に揺さ振りを掛ける高度なテクニックが使われる。[3]

脚注[編集]