キリル・サクスコブルクゴツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キリル・サクスコブルクゴツキブルガリア語: Кирил Сакскобургготски, ラテン文字転写: Kiril Sakskoburggotski, 1964年7月11日 - )は、ブルガリア王国の元国王でブルガリア共和国の元首相であるシメオン・サクスコブルクゴツキ(シメオン2世)とその妻マルガリータの次男。ブルガリア王族としてプレスラフ公の称号を持つが、これは国王フェルディナンド1世の次男でシメオン2世の在位中に摂政を務めた同名の大叔父キリル王子と同じものである。

父シメオンのスペイン亡命時代にマドリードで生まれる。プリンストン大学物理学を学び、1986年に卒業した。

1989年に結婚した妻ロサリオとの間に1男2女がいる。

  • マファルダ=セシリア(1994年 - )
  • オリンピア(1995年 - )
  • タシロ(2002年 - )