キム・エドワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キム・エドワーズ: Kim Edwards1958年 - )は、アメリカ合衆国の作家、教育者。ニューヨーク州の生まれ。彼女の処女作は、『メモリー・キーパーの娘』(The Memory Keeper's Daughter、2006年)で、これは「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラー・リスト入りを果たし、2008年イギリスの出版賞であるセインズブリ―・ポピュラー・フィクション賞を受賞した[1]

彼女は、1998年、短編集 The Secrets of a Fire King (1997)で1998年にはPEN/ヘミングウェイ賞、ホワイティング賞[2]とネルソン・オールグレン賞[3]に輝いている。彼女はコルゲート大学の卒で、アイオワ大学のライターズ・ワークショップの出身である。その後、夫と共にマレーシア、日本、カンボジアで暮らし、英語を教えた経験を持つ。日本では、小田原市に2年間住んでいる。短編集には当時の経験が盛り込まれている。彼女は現在ケンタッキー大学でライティングを教えている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 2008 Winners & Shortlists retrieved May 4, 2010
  2. ^ Whiting Writers Awards retrieved May 4, 2010
  3. ^ Good Reads Kim Edwards retrieved May 4, 2010
  4. ^ Penguin Speaker Bureau Kim Edwards retrieved May 4, 2010

外部リンク[編集]