エミリエンヌ・ダランソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミリエンヌ・ダランソン
Émilienne d'Alençon
エミリエンヌ・ダランソンÉmilienne d'Alençon
生年月日 1869年7月18日
没年月日 1946年
出生地 パリ
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 パーシー・ウッドランド

エミリエンヌ・ダランソンÉmilienne d'Alençon, 1869年7月18日 - 1946年)は、フランスのダンサー・女優。その美貌から、名の知れた高級娼婦でもあった。

略歴[編集]

本名はエミリエンヌ・アンドレといい、パリで生まれた。1889年にサルク・デテにてデビュー。レビューの踊り手として、フォリー・ベルジェールスカラ座ヴァリエテ座カジノ・ド・パリなどの舞台に立った。

1895年に騎手パーシー・ウッドランドと結婚しているが、彼とは1914年に死別している。夫がいながらも、1908年頃には女性詩人ルネ・ヴィヴィアン(作家ナタリー・クリフォード・バーネイの恋人でもあった)と恋人同士であったり、織物業の資産家エティエンヌ・バルサン(ココ・シャネルの無名時代の愛人)との関係が続いた。

経済的には満ち足りた生活を送り、ニースで死去した。