イヴァン・フィチェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イヴァン・フィチェフИван Фичев1858年4月15日 - 1931年11月18日)は、ブルガリアの軍人。中将。

ヴェリコ・タルノヴォ出身。1882年、ソフィアの軍事学校、1898年、トゥリンの軍事アカデミーを卒業。1910年~1914年、ブルガリア軍参謀総長を務め、1912年~1913年のバルカン戦争でブルガリア軍を指揮。

1914年9月1日から1915年8月6日まで国防相となり、戦争準備を指導した。

「戦術」(1894年)、「戦史とその研究方法」等の著作がある。