アルブレヒト3世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルブレヒト3世

アルブレヒト3世(Albrecht III., 1349年9月9日 - 1395年8月29日)は、ハプスブルク家オーストリア公(在位:1365年 - 1395年)。アルブレヒト2世とその妻ヨハンナ・フォン・プフィルトの間の三男で、長兄ルドルフ4世と次兄フリードリヒ3世の死後に、弟レオポルト3世と共に所領を相続した。

1366年に神聖ローマ皇帝カール4世の娘でルドルフ4世の妻カタリーナの異母妹に当たるエリーザベト(1358年 - 1373年)と結婚したが、子を生さないままエリーザベトは早世した。次いでニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘ベアトリクス(1355年 - 1414年)と結婚し、1男アルブレヒト4世をもうけた。


先代:
ルドルフ4世
オーストリア公
1365年 - 1395年
レオポルト3世と共同統治
次代:
アルブレヒト4世
先代:
ルドルフ4世
シュタイアーマルク公
ケルンテン公
1365年 - 1379年
レオポルト3世と共同統治
次代:
ヴィルヘルム
レオポルト4世
先代:
ルドルフ4世
チロル伯
1365年 - 1395年
レオポルト3世と共同統治
次代:
ヴィルヘルム
レオポルト4世