アルノンの奔流の谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワディ・ムジブの渓谷の底を流れる川

アルノンの奔流の谷旧約聖書に登場する川である。死海東岸モアブ最大の川である。現在のワディ・エル・ムジブであると言われている。

南部アラビアの丘陵地帯、レジュンの地域に水源があり、南北80kmに及ぶ地帯多くの支流を集めつつ東から西に流れ、死海東部の中間の南、エン・ゲディの反対側で死海に注いでいる。その流れの大部分は、深い渓谷を通っている、渓谷の幅は4km以上に達する箇所もある。河床の両側の断崖は高さ500mに及ぶ。

アルノン川は、モアブ人エモリ人との境界であり、イスラエルの民はアルノンを南から北に渡るように命じられた。後に、アルノン川はルベン族の相続地の南の境界になった。しかし、モアブ人はアルノン北部にも領土を拡大した。

アルノン川には多くの渡し場があった。

ワディ・ムジブ

参考文献[編集]