アルデーシュ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルデーシュ川
アルデーシュ川
延長 120 km
水源の標高 1,271 m
平均流量 65 /s
流域面積 2,430 km²
水源 アルデシュ県
河口・合流先 ローヌ川
流域 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

アルデーシュ川(l'Ardèche)は、フランス南部を流れるローヌ川支流の河川である。流域であるアルデシュ県の県名の由来にもなっているが、流域はロゼール県ガール県にもおよぶ。

地理[編集]

アルデーシュ県ヴィヴァレ地方のアステ市(Astet)にあるマザンの森(la forêt de Mazan)に源を発する。オーブナ、リュオン市(Ruoms)を流れ、シャスザック川(Chassezac)を合わせる。ヴァロン=ポン=ダルク(Vallon-Pont-d'Arc)から川と同じ名を持つアルデーシュ峡谷に入り、ポン=サン=テスプリ近くでローヌ川に合流する。

流量[編集]

平均流量は毎秒65立方メートルだが、季節差が激しく、春・秋の荒々しい増水と、夏の低水位で知られている。1827年1890年1924年の突出した大増水の際には、毎秒7,800立方メートルにもなり、アルデーシュ峡谷を普段の水準よりも21.4メートル高い水準で流れた。

支流[編集]

  • オゾン川(l'Auzon)
  • リーニュ川(la Ligne)
  • シャスザック川(le Chassezac)
  • イビ川(l'Ibie)

流域の都市[編集]

ロゼール県
アルデーシュ県
ヴァル=レ=バン(Vals-les-Bains)、オーブナ、ヴァロン=ポン=ダルク
ガール県

流域の観光地[編集]

  • アルデーシュ峡谷(Gorges de l'Ardèche)
  • ショーヴェ=ポン=ダルク洞穴