アドルフ・ペグー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦前のドイツの絵葉書のペグーの宙返り

セレスタン・アドルフ・ペグーCélestin Adolphe Pégoud ,1889年6月13日-1915年8月31日)はフランスパイロットである。

1913年8月ヨーロッパでパラシュートで降下した最初のパイロットになった。同年9月21日、ブレリオ XI 型機で宙返り飛行を行った。これは世界初の宙返り飛行として広まっているが、実際には、ロシア帝国においてピョートル・ネステロフが12日早く宙返り飛行を成功させている。 第一次世界大戦では6機を撃墜してエースパイロットになった。1915年、空中戦で撃墜され死亡した。