アッシュール・ダン3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッシュール・ダン3世Ashur dan III、在位紀元前772年 - 紀元前755年)は、新アッシリア王国時代のアッシリアの王である。彼の治世に日食en:Assyrian eclipse)が観測された事が記録に残っている。

アダド・ニラリ3世の息子として生まれ、兄王シャルマネセル4世の後を継いでアッシリア王となった。前王時代より引き続いてシャムシ・イルが大きな勢力を振るっており、また宦官の勢力も依然として強力であったため、彼自身の権力はかなり制限されたと考えられる。王権が弱く、また地方長官の自立傾向が目立った時代であったため大きな業績は無いが、シリアへの遠征や反乱の鎮圧の記録が残っている。

彼の死後、弟のアッシュール・ニラリ5世が王位を継いだ。

日食と新アッシリア時代の編年[編集]

アッシリアでは毎年リンムと呼ばれる役職に1人の人間が選出され、毎年の記録はその年のリンム職にあった人間の名前で記録された(詳細はアッシリアを見よ)。アッシュール・ダン3世の治世中のリンム、ブル・サギレの年に日食が起こったことが記録されているが、この日食が天文学的に紀元前763年6月15日に発生したことが割り出せるため、この年がアッシリア年代学の基点となっている。このため、アッシュール・ダン3世の治世と連結可能な記録が残っていれば、非常に正確な編年を割り出すことが可能である。たとえば、新アッシリア時代の各王の治世年などは、この年を基点にして統治年数を加算、減算することで割りだされている。


先代:
シャルマネセル4世
新アッシリア王
前772年 - 前755年
次代:
アッシュール・ニラリ5世