アグテレク・カルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アグテレク・カルスト(ハンガリー語:Aggtelek-karszt)はハンガリー北東部のボルショド・アバウーイ・ゼンプレーム県を中心に拡がるカルスト台地。名は、有名な鍾乳洞の入り口がある村、アグテレク(Aggtelek)に由来する。一帯は、ハンガリーアグテレク国立公園に指定され、さらに1995年に、国境を接するスロヴァキア・カルストとあわせて、「アグテレク・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群」としてユネスコ世界遺産に登録されている。

位置[編集]

形成[編集]

歴史[編集]

アグテレク・カルストは1985年に発見された。

生態[編集]