それが大事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
それが大事
大事MANブラザーズバンドシングル
B面 Autumn Avenueを君と
リリース 1991年8月25日
ジャンル J-POP
レーベル ファンハウス
作詞・作曲 立川俊之
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1992年1月度月間1位(オリコン)
  • 1992年度年間4位(オリコン)
大事MANブラザーズバンド シングル 年表
何だっつんだSummer
(1991年)
それが大事
(1991年)
うたをうたおう
1992年
テンプレートを表示

それが大事」(それがだいじ)は、大事MANブラザーズバンド1991年8月25日に発売した、3枚目のシングルである。

概要[編集]

最初はテレビ朝日系列で放送されていた『スポーツフロンティア』のエンディングテーマとして流れていた。このときはまだヒットするまでにはいたらなかった。しかし、『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(フジテレビ系列)のテーマソングとして使用されるようになると、ヒットの兆しを見せ、1991年12月9日のチャートで17位にランクイン。翌週には5位入りを果たし、さらに翌週に2位、そして12月30日付けのチャートでついにチャート1位を獲得した。それから1992年1月27日付けチャートまで連続して週間1位を守り、ベスト10には1992年3月23日のチャートまで居続けた。そして結果的に180万枚[1]の売り上げを記録し、1992年の年間売上第4位となった。なお、売れていた当時は、立川は「諸事情により、印税収入が全く入らなかった。」と後日語っている[2]

収録曲[編集]

  1. それが大事
    作詞・作曲:立川俊之 編曲:大事MANブラザーズバンド&渡辺禎史
  2. Autumn Avenueを君と
    作詞・作曲:立川俊之 編曲:大事MANブラザーズバンド

エピソード[編集]

歌詞の「それ」とは何を指すのか[編集]

2005年6月2日に放送された『森田一義アワー 笑っていいとも!』のコーナー「世界ライトギモンQ知りタイトルマッチ」で、さまぁ〜ず大竹一樹がこの曲に関してプレゼンを行った。内容は「それが大事の曲の歌詞では“負けない事”“投げ出さない事”“逃げ出さない事”“信じぬく事”とあるが、結局一番大事なものは何なのか?」というものだった。この疑問への回答はボーカルで「それが大事」の作詞・作曲者である立川俊之本人が行い、「一番大事な事は、信じぬく事。 次いで、投げださないこと、逃げださないこと、負けないこと」と、一番大事な事とそれ以下の順序が明らかになった。信じぬく事が一番大事な理由は、全ての物事が信じられないと始まらないからということだった。

起用[編集]

カバー[編集]

  • 1992年、香港の人気歌手、ハッケン・リー(李克勤)が、「それが大事」を「紅日」というタイトルで、広東語でカバーしている。広東語版の作詞は李克勤本人が担当、中国語版の作詞は易家揚が担当。『寶麗金20世紀光輝印記』に収録。
  • 2006年7月、立川俊之が全面プロデュースした女性シンガーAllieの2ndアルバム『20th』にてカバーが収録された。
  • 2010年10月、アイドルグループVe.ナースが『Ve.ナースヴァージョン』としてカバー。
  • 2011年6月、川嶋あいがアルバム『My Favorite Songs 〜WING〜』内でカバー。
  • 2012年1月、沼倉愛美原由実浅倉杏美ラジオ大阪の番組『THE IDOLM@STER STATION!!!』のコーナーの1つ「歌姫楽園2012」でカバーした。楽曲は2012年2月発売のアルバム『THE IDOLM@STER STATION!!! Nouvelle Vague』に収録。

脚注[編集]

  1. ^ 「[あの人は]元・ロックンロールバンド「横浜銀蠅」リーダーの嵐ヨシユキさん」読売新聞1995年10月27日東京夕刊、5面。
  2. ^ TBSうたばん」2010年1月26日放送分

関連項目[編集]