おおきな木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おおきな木(原題:The Giving Tree)はシェル・シルヴァスタイン作の絵本1964年にアメリカ合衆国で出版され、好評だったため1973年にフランス語に翻訳された。

物語[編集]

リンゴと少年は友達であった。ともに遊び、心を通わせていた。しかし少年は大人になってゆきお金が必要になる。木は「私の果実を売りなさい」と言う。少年は果実をすべて持っていった。しばらくして、大人になったその子は家が必要になる。木は「私の枝で家を建てなさい」と言う。その子は枝をすべて持っていった。また時が経ち、男は「悲しいので遠くへ行きたい」と言う。木は「私の幹で舟を作りなさい」と言う。男は幹を持っていった。時が経ち、男は年老いて帰ってきた。そして「疲れたので休む場所がほしい」と言う。木は「切り株の私に腰をかけなさい」と言う。男は腰をかけた。木は最初から最後まで幸せであった。

補足[編集]

  • 作中に一箇所だけ「だけど それは ほんとかな。」と入る。
  • 村上春樹の訳では上記の訳は「幸せに・・・なんてなれませんよね」となっている。
  • 上記の文は、原作では「but not really」である。
  • 翻訳者の本田錦一郎はあとがきにおいて、エーリヒ・フロムの著書『愛するということ』の文「愛とは第一に与えることであって、受けることではない」を引用し『おおきな木』にも通じていると述べた。「与えることに犠牲を見てはならない」とも述べている。

参考文献[編集]

  • 『おおきな木』 シェル・シルヴァスタイン 翻訳:本田錦一郎 1976年 篠崎書林 ISBN 978-4784101481
  • 『おおきな木』 シェル・シルヴァスタイン 翻訳:村上春樹 2010年 あすなろ書房 ISBN 978-4751525401