Connectionless

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Connectionless(コネクションレス)とは、Datagramデータグラム)とも呼ばれる、経路確保などの事前のやり取り無しに、データー送信を開始するパケット通信の方式である。

TCP/IPにおけるUDPで用いられている。

特徴[編集]

Virtual Callと比較して、以下の点が特徴である。

  • 通信プロトコルが単純になる。
  • 宛先情報などパケットのヘッダが大きくなり、通信効率が悪い。
  • 経路が予め確保されていないため、交換処理が複雑になる。
  • 上位プロトコルで、受信パケットの順序の整列、未着・破損パケットの再送信、などを行う必要がある。