金イ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「金禕」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

金 禕(きんい、? - 218年)は、中国後漢末期の人物。字は徳禕雍州京兆郡の人。前漢金日磾の末裔。父は金旋

概要[編集]

『魏志』武帝紀が引く『三輔決録』に記述がある。金禕は耿紀・韋晃らとともに献帝に仕えていたが、曹操の専横振りに憤っていた。

218年、金禕は耿紀・韋晃らと謀り、吉本とその子吉邈・吉穆らを誘って打倒曹操の計画を練った。

彼らは、金禕が前漢の功臣金日磾の末裔で、優れた忠臣である上に、その風格を漂わせていたため、彼を認めたといわれる。同時に曹操の側近王必とも親交があったことから、金禕に従って王必を殺害した後、献帝を奉じて曹操勢を攻め、益州劉備に対して援軍を要請するつもりであったといわれる。

当時、劉備軍の関羽の勢いが盛んであった。吉邈らは雑人や子飼いの奴婢千余人を率い、夜間に火を放って王必の元へ攻め寄せた。同時に金禕は、配下を派遣して王必の家中の者と内通させ、自ら王必の肩に矢を命中させ射抜いた。このとき王必は攻め寄せたのが金禕一味とは知らずに、金禕の屋敷に向かって「徳禕(金禕)どのはおられるか」と門を叩いた。しかし金禕の家中の者が、訪れたのが王必と知らずに吉邈らが帰還したと勘違いし「王必を討ち取りましたか。あなたたちの計画は成功しましたな」と述べたため、これを聞いた王必は驚き、他の道を通って逃亡した[1]

夜が明けても、王必は健在のままであった。しばらくして勢いを盛り返した王必は、典農中郎将の厳匡とともに討伐軍を起こし、吉邈らの軍勢を蹴散らして反乱を鎮圧した。金禕一味は皆捕らわれ、斬罪に処された。

三国志演義での金禕[編集]

小説『三国志演義』でも登場するが、親子関係のことは触れられていない。上記同様に負傷を負った王必が金禕を頼ったとき、応対したのが金禕の妻だったということになっている。また金禕を討伐したのは、曹操が反乱に備えるため、管輅の予言に基づき郊外に駐屯させていた夏侯惇曹休であった、という設定になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 一説では、王必は金禕を頼るつもりであった。しかし王必の配下は「今回の事変では一体誰を頼れば、安全だと申せましょうか」と忠言し、そのまま王必を護衛して許昌の南城に向かったとある。

関連項目[編集]